FC2ブログ

2008-02-29

●かぶれ紀行13 浪速イタリアン Marble tre(マーブルトレ) 

mtre.jpg

 

 

時間がなかったんだけど、どうしても訪れたかったのは、昨夜のSagra

姉妹店で有名店でもあるこの「Marble tre」。12時前入店なので、待たず

に入れました。

 

 

いただいたのは、A Pranzo(Aランチ)。

 

 

↑泉州産スズキとちりめんキャベツのビアンコスパゲッティー。スズキをおぼろ

状になるまで煮こばし、湯通ししたちりめんキャベツとあわせる。ベースはアーリオ

オーリオ系。お魚・キャベツ双方の甘みが強調されます。

 

 

 

 

mtre2.jpg

 

前菜はエビとパプリカのマリネとサラダ。

 

 

 

 

mtre3.jpg

 

濃厚、オリーブオイルとイタリアンパーネ(おかわりOK)。

 

 

とってもコスパ高い、¥850!のランチでした。(案の定、食べ終わる頃には

数組待ち状態でした。) 次回はCena(ディナー)でお世話になります!

 

 

 

 

mtre4.jpg

 

 

 

【お店】

大阪市中央区平之町2-6-5

http://www.space-marble.com/shop/marbletre.html

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 大阪

2008-02-27

●かぶれ紀行11 浪速イタリアン Sagra(サグラ) 其の参             そしてかぶれコネタ 魅惑のディジェスティーヴォ(食後酒)其の弐

sagra14.jpg

 

Cena(ディナー)の満足度高まってくると、Digestivoいきたくなっちゃいます。

で今日はなんと、「売り物」ではない「自家製リモンチェッロ」をいただいちゃい

ました。

 

 

このリキュールはその名の通りレモンベースの蒸留酒。カクテルなんかにも良く

使われます。特に女性にはソーダ割りなんかがオススメ。ですが、無論kkは

ズブロッカばりに凍らせたボトルからストレートで。広島産のレモンを使用した

自家製リモンチェッロ は、レモンの香りが強い。本場シチリア産の方がどちらか

というとサッパリ。そして、0度以下になっても凍らない、トロミのある喉越し。

たまりませんな~。

 

 

 

ちなみに下↓は、 シチリア(左) vs ヒロシマ(右) !

黄色の色素が強いのはヒロシマ!比べるとよくわかりますね~。

 

 

 

 

sagra18.jpg

 

 

 

そして遠征気分でもう一杯。ついつい帰り先が家でないと、飲んじまいますな~。

アニスの蒸留酒「サンブーカ」です。そして、サンブーカのDigestivoと言えば

「Sambuca con mosca」(サンブーカ・コン・モスカ)。直訳すると、

 

 

サンブーカとハエ

 

 

 

と言うカクテル名なのでございやす。グラスにハエに見立てた数粒のコーヒー豆

を入れて火をつけてお酒にコーヒーの香りを移すのです。kkがイタリアで

教わったのはなんかの縁起かつぎで、豆の数は必ず”奇数”と言われました。

 

 

 

 

sagra19.jpg

 

 

 

さすがサグラ!3粒(3匹)ですね!

 

 

 

sagra30.jpg

 

 

 

 

最後まで楽しませてくれた、イケ面なCameriele(ウェイターさん)にも感謝!

浪速のイケテルイタリヤンでした!

 

 

 

 

sagra1.jpg

 

 

 

 

 

【お店】

大阪市中央区南本町2-4-16  

http://www.space-marble.com/shop/sagra.html

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


theme : お酒全般
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 食後酒

2008-02-26

●かぶれ紀行11 浪速イタリアン Sagra(サグラ) 其の弐

sagra6.jpg

 

 

大阪遠征編の第三回目です。

 

このおいしそうな生ハムの紹介の前に、昨日のお野菜を作っている農園を

紹介させていただきます。こちらの「やなもり農園」です。ありがとうござい

ました。

 

 

 

sagra7.jpg

 

 

どうですか、この色、艶。パルマかサンダニエーレかと思いきや、ウンブリア州

はNORIZIAというところのプロシュート・クルードです。これはお初でした。

香りはそれほどきつくなく、弾力強く、濃厚な味わいで、部位によっては”サシ”

がはいっていて、こちらは和牛サシのようにとろけます。上の写真の何枚かは

サシが確認出来ますよね。これも、取り分けてくれます。

 

 

 

 

 

 

sagra5.jpg

 

 

このサルディーニャ島のBIANCOの豊かな果実味が、プロシュートの旨みを

増幅させるんだな~。

 

 

 

 

 

sagra10.jpg

 

お次は兵庫のは「相生」産の「牡蠣とゴルゴンゾーラのグラタン」です。コイツと

BIANCOの相性といったらもう~。思い出しただけでも”垂涎”モノです。

 

 

 

 

sagra11.jpg

 

この相生な牡蠣は熱を通しても小さくなりません、のでプックリ感がわかるでしょ。

 

 

 

 

 

 

sagra12.jpg

 

「やなもり農園」の里いもと半熟卵のこがしバターソース。なによりイモの”粘力”

がすごい。そしてこのこがしバター、ほんとうにバター?っていうくらい軽かった。

 

 

 

 

 

sagra21.jpg

 

半熟卵がそこにからまると、う~ん味に奥行きが出ます。こがしパン粉とパセリ

のアクセントもにくい。

 

 

 

 

 

 

sagra13.jpg
 

 

シメはある男のワガママで、「ペンネ・ゴルゴンゾーラ」。最後にきてこの定番

です。本音としては、もう少しオリジナリティーあるお皿をとも思いましたが

ペンネの茹で加減、ソースの塩加減、いずれも抜群でした。

 

 

 

それにしても、お肉・お魚のSecondiなしでここまで満足出来たのは久しぶり

でした。つくづくイタリアンって、素材とその良さを引き出す”手をかけすぎない

技術”がポイントなのだと思いました。

 

 

 

 

 

sagra15.jpg

 

デザート5種盛り。手前から上にテイラミス、カタラーナ、栗のセミフレッド、

パンナコッタ、ゴルゴンゾーラのタルト。すべて◎。

 

 

満腹時にはやはり”Digestivo”(食後酒)でしょう。

 

 

というわけで、Sagra最終回は「食後酒」で締めくくります。

 

 

 

【お店】

大阪市中央区南本町2-4-16  

http://www.space-marble.com/shop/sagra.html

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 


 

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 大阪

2008-02-25

●かぶれ紀行11 浪速イタリアン Sagra(サグラ) 其の壱

sagra2.jpg

 

大阪遠征編の第二回目です。

 

 

素材に格段のこだわりを見せる浪速リストランテに大阪Amiciにお連れ

いただきました。 ↑どうです!このお野菜。  ↓こっちの下も。

 

 

 

sagra3.jpg

 

 

アルベロベッロのトゥルッリを彷彿とさせるとんがり帽子なお野菜は「ロマネスコ」

または「ロマネスク」というローマ発祥のブロッコリーとカリフラワーの掛け合わせ

野菜です。こちらでも出てきましたね。すべて個人農園から仕入れた有機野菜。

 

 

 

 

↓そしてこっちは”純”ブロッコリーで通常の3倍の大きさ。味は大味かと思いきや

いやいや、「濃い!」といった感じ。大地の旨みたっぷりです。

 

 

 

sagra4.jpg

 

 

 

そしてこれらの野菜を最高においしくいただく、最適な料理方法がイタリアンには

ございます。

 

 

 

 

 

「バーニャ・カウダ」!

 

 

sagra8.jpg

 

 

4人で行ったので、下のように一人分づつきれいに取り分けてくれるのも

嬉しいですね。

 

 

 

sagra9.jpg

 

 

ラインナップされしお野菜はブロッコリーくんから時計回りで、梨大根(本当に

梨の様に甘い!)・ロマネスク・ほどいも・柿にんじん・たけのこ白菜・かぶら

で手前の緑はブロッコリーの芯。野菜の旨み、甘みがこのカウダ(温か)ソース

の程良い塩分により、一層引き立てられます。

 

 

 

 

 

asgra10.jpg

 

 

このソースは勿論、自家製のホカッチャにもベストマッチ。(しまった、これ持って

もらうのamica:女性友達、に頼めば良かった・・・野郎さんのお手手でスミマセン)

 

 

 

と、まずはお野菜で流しましたが、野菜を見せていただいてから「バーニャカウダ」

が出てくる間にもAntipasti(前菜)をいただきました。これも「こだわり」な逸品でした。

 

 

スミマセン、明日に続くということで。

 

 

 

【お店】

大阪市中央区南本町2-4-16  

http://www.space-marble.com/shop/sagra.html

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 大阪 有機野菜

2008-02-21

●かぶれ紀行9 政府公認リストランテ COLOSSEO

COLOSSEO5.jpg

 

大阪遠征編の第一回目です。

 

あのローマの世界遺産の名を冠し、さらには、「イタリア政府公認」なリストランテ。

 

 

 

COLOSSEO1.jpg

 

 

何を基準に”公認”? でもこの公認シシテムはもう廃止になってるんだとさー。

正確に言うと「イタリア政府がちょっと前まで公認してたレストラン」だよね~。

kkはお得感のあるPlanzo(ランチ)をいただきやした。

 

 

 

 

 

COLOSSEO3.jpg COLOSSEO2.jpg

公認なパーネ、さすが公認!オイルに  公認なAntipasti、 左から仔牛の

バルサミコたらしてます。            インボルティーニ、イカとパプリカノマリネ

                          イタリア米とプロシュートコットのサラダ

                          帆立のマリネ。

 

 

 

 

 

 

COLOSSEO4.jpg

 

プリモは子羊のトマトソースをタリアテッレで。パスタは手打ち、公認なアルデンテ。

 

 

 

 

 

 

COLOSSEO6.jpg


セコンドはカジキマグロと海老のトマト煮込み。今思うと、プリモとトマトかぶりだな~。

でも本場系のシンプルかつ公認な味付け。(しつこい!?)おっと、付け合せなこの

とんがり帽子なお野菜は、ブロッコリーロマネスコ!ローマの比較的新しいお野菜

です。

 

 

 

 

 

 

COLOSSEO7.jpg COLOSSEO8.jpg

 

公認ドルチェ(バニラジェラートとズッパイングレーゼとフルーツ)に公認カフェ。

(ごめんなさい、折角なので最後まで”公認”な形容詞使用で)

 

 

 

 

 

そして、とどめな ”公認!” 

COLOSSEO9.jpg

 

お墨付きプレートだす。

 

 

 

トレヴィじゃないけど、公認なリストランテへの再訪を願い、泉にコイン。

ごちそうさまでした~。

 

 

COLOSSEO11.jpg COLOSSEO10.jpg

 

 大阪編の続編にご期待ください!

 

 

【お店】

大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

http://www.colosseo.co.jp/

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 大阪 老舗

プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策