--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-09

●かぶれ紀行 海外編 ポートダグラス・ケアンズ5 ホテルの夕食

pesca1.jpg

 

「シェラトン・ミラージュ・ポートダグラス」のメインダイニング「イル・ペスカトーレ」

をご紹介いたします。

 

イタリアンダイニングを銘打っておりますが、豪州豪快素材を使った「オージー

イタリアン」といった感じのレストランです。

 

 

 

 

pesca2.jpg

 

「パシフィックオイスター 3種類の食べ方で」。右は普通の生ガキにライムと

レモンを絞って。左、トロピカルなお国柄を写して、マンゴー&パイナップルダイス

乗せです。トロピカルな甘さがくせのないカキに意外に合いました。

 

 

 

そして下。豪州で最もポピュラーなカキの調理法「キルパトリック」でございます。

ベーコンをウスター系のソースであわせ、カキの上に乗せ軽く火を通したもの。

「キルパトリック(KILPATRICK)」はおそらく、人名ではないかと言われております。

(決して「パトリック殺し」ではございません。)

 

 

 

pesca3.jpg

 

 

 

 

 

 

pesca6.jpg

 

「豪州豪快」な「フェットチーネ ペスカトーレ(漁師風)」。「YABBY」と呼ばれる

豪快な海老、肉厚ホタテ、などなど盛沢山具沢山。

 

 

 

 


 

pesca5.jpg

 

今回の遠征で最も秀逸であった一皿。「子羊のグリル」。これはもう調理法云々

ではなく「素材」です。これほどジューシーで臭みのない、それでいて羊の旨み

たっぷりのラムちゃんはホント、久しぶりでした!

 

 

 

 

pesca4.jpg pesca7.jpg

 

ご同席の方々ご注文の「鴨のグリル」や「チーズの盛り合わせ」。

 

 

 

 

pesca8.jpg

 

そして「ティラミス」もこちらでは、こんなカタチで供されます。かなりのボリューム

でございました。

 

通常であれば、前菜とパスタでかなりお腹は満たされます。でも「量」のみならず

「質」もしっかりしたレストランです。

 

 

 

 

 

【ホテル・レストラン】

Davidson Street, P.O. Box 172 · ポートダグラス, クイーンズランド 4877 オーストラリア

http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/dining/index.html?propertyID=370

 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 





スポンサーサイト

theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : オーストラリア ポートダグラス イタリアンレストラン

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホワイトヘブン・ビーチ(グレートバリアリーフ/オーストラリア)

ウィットサンデー島の東側に約8km続くホワイトヘブンビーチに描き出されるマーブル模様はこの世のものとは思えないほど壮大な景色である。なぜこのようなマーブル模様ができるかは、いろいろな説があるが、複雑な地形から潮流が逆火山のように渦を巻き砂が運ばれるという

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

肉厚ホタテはやば~い☆

No title

★marimekkoさま
裕に厚さ2センチはありましたよん!
プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。