--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-31

●かぶれ紀行16 新富町 LA BETTOLA DA OCHIAI(ラ・ベットラ)

bettora1.jpg

 

トレ・コローレ!見事なイタリア国旗カラーの「インサラータ・カプレーゼ」の前菜

に始まりましたのは、かの「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」です。予約が取れない店

の予約が取れましたので行ってまいりました。

 

このモッツァレッラは国産「吉田牧場」産です。メイドバイ牛のお乳ですが、濃厚

かつ口当たりがふんわりとした感じです。トマトはしっかりとした食感ですが、完

熟並の甘さでした。

 

 

 

 

bettora2.jpg

 

今日は2人で来店。前菜+パスタ+メインのプリフィックスですので各2種類づつ

のご紹介になりますが、前菜だけ一品追加。こちらは「鶏の白レバーのクロス

ティーニ」。どうしてもこのペーストで白ワインが飲みたかったのです。まったりと

したレバーの風味は赤でも合うかもですが、白がいきたかったのです。

 

 

 

 

 

bettora3.jpg

 

前菜の最後は「ホタテとマシュルームのカルパッチョ」をチョイス。下味は醤油を

ベース、マヨネーとも良く合い、和風な逸品です。

 

 

 

 

 

bettora4.jpg

 

パスタの1品目「4種チーズのリゾット」。ただのチーズリゾットではベットラの名が

廃るばい!とばかりに主張していたのが「アンディーブ」。ホロ苦で大根かつら剥き

な食感が、チーズのコクとマリアージュでしたな~。

 

 

 

 

 

bettora5.jpg

 

もうひとつのパスタは「ホタルいか・黄にら・菜の花のスパゲッティ、からすみを

ふりかけて」(すみません、メニューの正式名メモりませんでした)。和テイスト。

 

 

 

 

 

bettora7.jpg

 

メインのひとつ「目鯛のグリル、聖護院大根のピューレソース」。淡白な白身魚に

見た目淡白そうなソースでどうかなと思いきや、このピューレは味が濃縮されて

いてとっても合いました。

 

 

 

 

 

bettora6.jpg

 

もう一品は「オッソ・ブーコ」。ご存知かもしれませんが、骨付き牛スネ肉の煮込み

です。ブーコ(BUCCO)とは穴の意で、スネ肉の穴、いわゆる骨髄のトロッとした

ところを食すのがメインイベントなピアットなのです。下の写真参照ください。もち

ろん骨の周りのお肉もおいしくいただきます。

 

 

bettora8.jpg

 

 

 

 

 

「チッチョリーナ?」なデミカップでカフェしめ。

 

bettora9.jpg

 

 

 

聞いてはおりましたが、チョイスの豊富さにメニュー選びは苦慮いたしました。

それと店内薄暗なため、お料理写真の撮影もとても苦慮いたしました。

 

次回、いつ予約が取れるか分かりませぬが、必ずや再訪し、色々と試してみたく

なるお店であることには間違いございませぬ。

 

 

【お店】

東京都中央区銀座1-21-2

http://www.la-bettola.co.jp/

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!


 

 



 

 


 


スポンサーサイト

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン イタリアン

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「銀座 LA BETTOLA da Ochiai(ラ・ベットラ)のディナー」

LA BETTOLA da Ochiai(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ)へ行って来ました。(過去記事) 急に友達に「ラベットラに行きたいんだ~」との言葉と共に行きたいと思った経緯を聞いて、ふんふんなるほどねー、じゃあ予約を!と思うもののこのお店、やっぱり予約が簡単には取れな...

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

オチアイ、落合さんはいらっしゃいましたか?

もう1軒出来て少しは取りやすくなったのかなー?と思っていたけどどうなんでしょうね。
ここのトマトソースは美味しいなぁと、いつも思いますわ^^

No title

★55aiaiさま
この日は落合シェフいらっしゃいませんでした。予約は依然取りづらく、何日か前から21時の回のキャン待ちTELをかけ続け、前日にようやく取れました。メインの肉系はどれも重いようですね。オッソのソースはトマトベースですが、多分他の野菜も入れて煮込んでいるので、純粋なトマトソースはいただいておらず、次回の課題としたいと思います。

No title

すご~い。一度は行ってみたい憧れのお店!
お値段はどんな感じなんだろ?
また教えてね~。

No title

★marimekkoさま
ディナーはプリフィックスでなんと3,990なのです。予約が取れないわけですよね。とにかく、下調べしてある程度イメージ固めていかないとメニュー選ぶだけで1時間かかりますよ。
プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。