--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-11

●かぶれ紀行 海外編 シドニー4 ロブスター・マエストロなリストランテ    其の弐

blue6.jpg

 

マエストロがしかと握り締めるロブくん(ちゃん?)。この写真では落ち着いてます

が、実は相当活きが良く、暴れておりやした。

 

 

 

 

 

blue7.jpg

 

さあさあ、活きがいい内に往生していただきやしょう。通常は包丁で捌くものの

このクラスは大工仕事級でございやす。ためらいもなく、一気にドスン!

 

 

 

 

 

blue8.jpg

 

キレ~イに真っ二つで大往生のロブくん(ちゃん?)を即、今度は極寒地獄(氷

〆)が襲います。

 

 

 

 

 

blue2.jpg

 

そして、エクストラオーダーですが、もうひとつの看板「WAGYU」がこちら。

 

 

 

 

 

 

blue12.jpg

 

サシの少ない、フィレの部分はやはり「カルパッチョ」でせう。トリュフも入った

なかなか凝ったソースがかかってるんですが、どなたかが

 

「焼肉のタレ」みたい・・・

 

と仰せられました。

 

以降、何口味わっても、生肉の焼肉のタレ和え、の味しかしません!

 

 

 

 

 

blue11.jpg

 

そして「カルパッチョ」にはうるさいアタシもうなった「スキャンピ(手長海老)」の

カルパッチョ。これの刺身は食べたことあるけど、薄切りなカルパッチョはお初

で驚きました。甘さが強調されます。ただ歯ごたえはないのですが。

 

 

 

 

 

blue13.jpg

 

歯ごたえはなし、と言いましたが、その「歯ごたえ」がこちらで倍になって帰って

きていましやした!30年選手の刺身です。ものすごい弾力!そして濃い味!

大味なんてとんでもない。生涯一「ロブ刺し」です。

 

 

 

 

 

blue15.jpg blue14.jpg

 

お~っと、またイタリヤンからそれ始めたか~?

先ほどの「WAGYU」の所謂イタリア風に言うと「タリアータ」です。炭火の香ばしさ

と日本の牛肉に負けず劣らずなコク。そして、〆はイカ墨スパゲッティーはアルデ

ンテでごさいました。

 

 

 

 

 

blue16.jpg

 

ついでに、こちらは知るひとぞしる、「LUCKEY BEER」。七福神の布袋さんが

モチーフです。

 

 

こうして、ロブスターイタリヤンな夜はふけていきました。

 

 



←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


スポンサーサイト

theme : オーストラリア
genre : 旅行

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

外国産の和牛!?

日本発祥の文化が海外に普及していくことが多くなって 日本語がそのまま英語になった言葉も多くなってきましたよね。 代表的なものとして k...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。