--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-08

●かぶれ紀行 海外編 フランス9 ご当地名物 オムレツを食す!

fra66.jpg

 

さて、観光後は夕食まで束の間のフリータイム。こういう時間が持てるのも

島内宿泊者の特権です。

 

↑コチラはかの「オムレツ」発祥のお店、「ラ・メール・プーラール 」です。

この看板のプーラールおばさまが、くたくた腹ペコになってやっとここまで

辿り着いた巡礼者に、安価で栄養があってとにかくお腹にたまるものを

との思いから発案したお料理です。栄養はあっても高価であったタマゴを

いかに多く使うことなくボリューミーに仕上げるか、プーラールおばさまが

出した答えは、「攪拌して空気を含ませる」でした。

 

 

 

 

 

 

fra67.jpg 

 

素材はバターとよ~く攪拌されたタマゴのみ。

 

 

 

 

 

 

fra68.jpg

 

ユニークな制服のコックさんがひたすらかき混ぜます。雄鶏のオブジェが

通りの方を向いて、観光客を威圧(笑)。

 

 

 

 

 

 

fra69.jpg

 

昔ながらの薪で焼くオーブンで調理されます。

 

 

 

 

 

 

fra70.jpg 

 

お皿に盛り付けて、

 

 

 

 

 

 

 

fra73.jpg 

 

岩塩を振って完成。半生メレンゲ状のタマゴはソースの役目も果たします。

↑コチラは同系列の「テラス・プーラール」のレストランにてグループが

夕食の一品としていただいたオムレツです。「ラ・メール・プーラール」の

レストランのオムレツは一人前がもっと大きいです。こちらでいただく場合

は2~3人でシェアするほうがベターでしょう。お値段もお高いですし。

 

 

 

 

 

この度は、コチラ のツアーに参加いたしました。

(モン・サン・ミッシェル島内に泊まるフランス世界遺産紀行とパリ7日間)

 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 





 

 

 

 

 

スポンサーサイト

theme : フランス
genre : 海外情報

tag : フランス モンサンミッシェル オムレツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

でたっ。ラ・メール・プラール。
現地で参加した1日モンサンツアーにランチが組み込まれてて、
ラ・メールの食べれなかった思い出が。
レストランの外から眺めてても、オムレツふわっふわっでした。

モンサンで買った、バターたっぷりのガレット
めちゃめちゃ美味しかったなぁ☆

ノルマンディは、日本人に親しみやすい味の食材が豊富ですよね。
タルト・タタンも旨しっ。

Re: No title

★shihoさま
そうか、オプショナルツアーだとランチ付いてるもんね。
あとこの辺で有名な食材は羊かな。牧草に海水の塩気が
含まれてて、その塩分がお肉に程よい旨みを加えている
そうな。今回は食べれなかったけど。
プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。