--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-01

●かぶれ紀行 海外編 フランス2 ジベルニーからルーアンへ

fra12.jpg 

 

時差も抜けきらない2日目。長旅でつかれてるはずなのにかなりの確立で

夜中に目が覚めてしまいます。寝ぼけ眼をこすりつつ朝食会場へ。

 

 

 

 

 

fra14.jpg  fra13.jpg  

 

フランスのホテルの朝食は、それなりのホテルに泊まれば、かなりのレベル

の朝食をいただけますが、大体どのホテルもパンの品揃えは充実してます。

 

おすすめはこのチョココロネというか、ミニクロワッサン・チョコ入り。ビター

なチョコレートがサックリクロワッサンにベストマッチ。

 

 

 

 

 

 

fra15.jpg 

 

さて、バスは一路「ジベルニー」に向かいます。パリ郊外から走ること

約90分、モネが晩年を過ごした「モネの家と庭園」に到着。

 

ご存知、パリはオランジュリー美術館蔵の「睡蓮」の庭園が広がります。

この池は人造池で、当時モネがジベルニー市の特別許可をもらい、川

の水を敷地内に引いて作ったそうです。そう、あの「睡蓮」を書くために。

 

 

 

 

 

 

fra16.jpg 

 

実際にモネが暮らしていた「家」の中も見学可能。但し、内部写真撮影不可。

家の中から外の撮影は可能。

 

 

 

 

 

 

 

fra131.jpg

 

でも午前中だとこんな感じの逆行バーションになってしまいますので注意。

 

 

このモネハウスは4~10月のみオープンですので、11月以降のツアー

では「オーベール・シュル・オワーズ観光」。ゴッホゆかりの地を訪ねます。

 

約1時間ちょっとの滞在を楽しみ、バスは一路ジャンヌダルク終焉の地

「ルーアン」へと向かいます。

 

 

 

 

 

この度は、コチラ のツアーに参加いたしました。

(モン・サン・ミッシェル島内に泊まるフランス世界遺産紀行とパリ7日間)

 

 

 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 





 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

theme : フランス
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

モネの世界いいねぇ~☆
目の前で実際に見たら鳥肌たちそう~♪

Re: No title

★marimekkoさま
蓮の花は咲いてませんでしたけど、とても雰囲気のある佇まいでした。

No title

ずいぶん前に「モネ展」を見に行きました。
大きな睡蓮の池の絵を目にし、ほお~っとため息がでた覚えがあります^^
太鼓橋もご覧になったのですか?
チョコ入りクロワッサンはわたしも大好き。
ハード系のフランスパン(フランスではフランスパンとは言わないですね、きっと^^)もたくさんあるんですねえ。

Re: No title

★ふうさま
モネの睡蓮は圧巻ですよね。機会がれば本場のオランジュリー美術館に是非。
太鼓橋見ましたし、その上に立って写真も撮ってもらいました。

本場フランスではやはりバケット(普通のフランスパン)が一番のオススメです。

No title

せ・せんぱい・・・
4年お会いしない間に、
すっかりスリムになられたのでは?!

ジベルニー素敵ですねえ。
温かくなったら行ってみたいっす。

Re: No title

★shihoさま
貴女にとってのワタシの記憶、ちょっと偏ってるような気が。。
4年前とそれほど変わりないと思うけどなー。

帰国、心待ちにしてますよ!(ってこれを見る頃にはもう会ってるかな)
プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。