--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-26

●かぶれ紀行11 浪速イタリアン Sagra(サグラ) 其の弐

sagra6.jpg

 

 

大阪遠征編の第三回目です。

 

このおいしそうな生ハムの紹介の前に、昨日のお野菜を作っている農園を

紹介させていただきます。こちらの「やなもり農園」です。ありがとうござい

ました。

 

 

 

sagra7.jpg

 

 

どうですか、この色、艶。パルマかサンダニエーレかと思いきや、ウンブリア州

はNORIZIAというところのプロシュート・クルードです。これはお初でした。

香りはそれほどきつくなく、弾力強く、濃厚な味わいで、部位によっては”サシ”

がはいっていて、こちらは和牛サシのようにとろけます。上の写真の何枚かは

サシが確認出来ますよね。これも、取り分けてくれます。

 

 

 

 

 

 

sagra5.jpg

 

 

このサルディーニャ島のBIANCOの豊かな果実味が、プロシュートの旨みを

増幅させるんだな~。

 

 

 

 

 

sagra10.jpg

 

お次は兵庫のは「相生」産の「牡蠣とゴルゴンゾーラのグラタン」です。コイツと

BIANCOの相性といったらもう~。思い出しただけでも”垂涎”モノです。

 

 

 

 

sagra11.jpg

 

この相生な牡蠣は熱を通しても小さくなりません、のでプックリ感がわかるでしょ。

 

 

 

 

 

 

sagra12.jpg

 

「やなもり農園」の里いもと半熟卵のこがしバターソース。なによりイモの”粘力”

がすごい。そしてこのこがしバター、ほんとうにバター?っていうくらい軽かった。

 

 

 

 

 

sagra21.jpg

 

半熟卵がそこにからまると、う~ん味に奥行きが出ます。こがしパン粉とパセリ

のアクセントもにくい。

 

 

 

 

 

 

sagra13.jpg
 

 

シメはある男のワガママで、「ペンネ・ゴルゴンゾーラ」。最後にきてこの定番

です。本音としては、もう少しオリジナリティーあるお皿をとも思いましたが

ペンネの茹で加減、ソースの塩加減、いずれも抜群でした。

 

 

 

それにしても、お肉・お魚のSecondiなしでここまで満足出来たのは久しぶり

でした。つくづくイタリアンって、素材とその良さを引き出す”手をかけすぎない

技術”がポイントなのだと思いました。

 

 

 

 

 

sagra15.jpg

 

デザート5種盛り。手前から上にテイラミス、カタラーナ、栗のセミフレッド、

パンナコッタ、ゴルゴンゾーラのタルト。すべて◎。

 

 

満腹時にはやはり”Digestivo”(食後酒)でしょう。

 

 

というわけで、Sagra最終回は「食後酒」で締めくくります。

 

 

 

【お店】

大阪市中央区南本町2-4-16  

http://www.space-marble.com/shop/sagra.html

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 


 

スポンサーサイト

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 大阪

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

待ってました~
サグラのレポート!
写真を見てかみしめてます...。

No title

★marimekkoさま
お待たせいたしました。サグラは次で最後ですが、後日、姉妹店登場です!

No title

ペンネ・ゴルゴンゾーラにゴルゴンゾーラのタルト。
いいですねぇ~、ゴルゴンゾーラ・メニュー。
ゴルゴンゾーラを使う料理はピザしか食べたことないので
興味津々です~。

No title

★ヒロキエさま
いらっしゃいませ~。チーズ・マエストロなヒロキエさんのお口にも合うと思います。西に行かれる際は是非。オススメです。
プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。