--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-18

●かぶれ紀行39 六本木(西麻布) ラ・グラディスカ

 

「かぶれ紀行 イタリア編」の途中ですが、トスカーナ編が一段落しましたので

本日はこちらのオフ会記事をアップいたします。イタリア編の続きはこの記事

の後再開いたします。

 

 

lagra1.jpg

 

「あの”神戸っ子”が上京!」ということで、”食い道”な親分の仕切りで参集せしは

 

「バンド・オブ・トーキョー」 ロレンス様 (中国シリーズ代表)

「くにろく 東京食べある記」 (中国・シドニーシリーズメンバー)

「春は築地で朝ごはん」つきじろう様 (シドニーシリーズメンバー)

「しょうが焼きに恋してる」Ginger様 (シドニーシリーズメンバー)

 

 

以上のお歴々。の末席にKKも参加させたいただきました。

 

 

 

ヒロキエさんのこの記事依頼、「MUST GO LIST」のTOPにありましたので、開催

がこちらと聞き飛び上がりました。

 

 

こちらのお料理は日本でも珍しい、ピエモンテを中心とした北イタリア料理を供し

てくれます。

 

 

 

 

lagra2.jpg 

 

「ホエーを飲ませた馬肉の岩塩包み焼き」。各お皿の詳細解説は、ゲストの

早坂様ブログを是非ご参照ください。

 

馬肉とは思えない繊細な味。赤身の旨みが凝縮されてます。バルサミックな

ドレッシングは、その旨みを邪魔しません。

 

 

 

 

 

 

lagra3.jpg 

 

パニーニも自家製。4種類すべて違う食感、味わい。

 

 

 

 

 

 

lagra4.jpg 

 

「鯉のオーブン焼き」。熊本は水俣の上流で取れる天然モノ。素材が抜群ゆえ

にイタリアンなシンプル調理。「鯉=泥臭い」の定説に例外アリ。

 

 

 

 

 

lagra5.jpg 

 

火の通り具合も絶妙。水俣の清流の清清しさがお口に広がります。詳説は勿論

つきじろう様のブログで。

 

 

 

 

 

 

 

lagra6.jpg 

 

シェフがヴィアレッジョで体得した一品。「スキャンピのグリル 栗の花の蜂蜜

ソース」。手長さんはオージー産!否が応でもあの日の晩餐が想起されます。

 

それにしてもこの手長さんは上物でした。普通スキャンピは1尾では、とても

一皿のお料理として出すのは無理がありますが、こちらは1尾でも充分な存在

感。蜂蜜ソースは驚きでしたが、この手法をイタリア人が採用していることに

もっと驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

lagra7.jpg 

 

貝殻、もしくはかたつむりの形をした「ルマーケ(ルマコーニ)」というパスタです。

 

これだけ大振りなルマーケは日本ではなかなかお目にかかれません。それもそ

のはず。このパスタは乾燥パスタの聖地、「グラニャーノ」にある、

 

パスタイグラニャネージ社製。

 

ここのパスタは業界では知る人ぞ知るパスタ。有名店のパスタはこちらのパスタ

を使用しているところが多いです。

 

原料、製法すべてにこだわりのパスタなのですが、歯ごたえと厳選されたデュラム

セモリナ粉の旨みが際立ち、他のパスタとは一線を画します。

 

 

 

 

 

 

 

lagra8.jpg 

 

あわせてあるソースも芸細!アサリ、ムール貝、アオリイカ(細かい下包丁!)

の魚介ソース、ジェノベーゼ風味。

 

 

 

 

 

 

lagra9.jpg 

 

同店のシグニチャーディッシュ、「アニョロッティー・ダル・プリン」。これを食べ

る為にもう一度来店したくなる、という程のおいしさ! ラビオリのフィリングの味

が濃い!ウサギ、豚、仔牛のお肉で出来てます。バターソースも絶品。

 

 

 

 

 

 

lagra10.jpg 

 

初体験、「豚の乳房のロースト」。

 

 

 

 

 

lagra11.jpg 

 

食感は歯ごたえのある「タンシチュー」。意外にコッテリとしていて赤ワインが

とってもおいしくいただけます。

 

 

 

 

 

 

lagra12.jpg 

 

ドルチェの前に小菓子。全て自家製。

 

 

 

 

 

 

lagra13.jpg 

 

「ショコラのセミフレッド」

 

 

 

 

lagra14.jpg 

 

綺麗な球面ですな~。

 

 

 

 

lagra15.jpg 

 

特別にお写真取らせていただきました、グランカッポ堀江シェフです。見た目通り

柔和な感じ溢れるお方でした、が、厨房内のそのお姿は真剣そのもの(当然です

よね)で、お身体も厨房内にいる方が一回り大きく見えました。

 

 

 

 

 【お店】

http://gourmet.livedoor.com/restaurant/317644/

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 西麻布 ピエモンテ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラ・グラディスカ 西麻布 鯉のオーブン焼き

コチラの女性が東京にやってくるということで企画された同窓会オフ。海外ツアーな方々...

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ラ・グラディスカ
素敵なレストラン
お料理も素晴らしいですね

シェフ 素敵な方ですね

No title

暑さもふっとぶ衝撃と感激のオンパレード☆
ひさびさの皆様とも顔をあわせて、素晴らしく楽しい夜でしたね♪

パスタについては、今回の記事を拝見して改めてナルホドと・・・。
絶品料理ばかりでなく、しっかりワインの良さを堪能してらっしゃる
milanoKK様の楽しげな表情が印象的でした♪

No title

ボナセ~ラ!
どもども~でした
たしかに「アニョロッティー・ダル・プリン」は
もう一度食べたい!ドッピオで!!

それよりも今度はノウハウを教えてください!笑

No title

★ryuji_s1 さま
イタリアンですが、堀江シェフならではの芸の細かいオリジナルなイタリアンでした。また必ずや訪れたいです。

No title

★つきじろうさま
絶品料理の感涙は、ワインによって倍増しますよね。逆も然り、絶品料理だからこそワインが引き立つ、まさにマリアージュな夜でした。

No title

★ロレンスさま
ワインのチョイス、ありがとうございました。リースリングは本当においしかったですね。「アニョロッティー・ダル・プリン」最高!イタリアでも、このレベルは食べられないと思います。

No title

「ラ・グラディスカ」へ行ったら必食!
と思われる料理のオンパレードでしたね。
こちらの意図を的確に汲んで下さった堀江シェフには
心から感謝でございます。
また行きませう(^^)/

No title

★ヒロキエさま
本当に素敵なお店でのアレンジありがとうございました!食材も調理方法も全てが新鮮でした。他のメニューもMUST EATですので、また是非ご一緒させてください。

No title

あのショコラはセミフレッドだったんですね・・・ということは「ぶるーえんじぇる~v-406」ですね!
KKさんとご一緒させていただいているだけで、なんだかイタリアにいるような気分でしたよ~

No title

★早坂さま
それにしても上品な冷たいショコラでした。

ブルエンのデザート、そう言えばセミフレッドでした。よく覚えてましたね~。

それにしてもこのメンバー、豪州での奇行、あれっ変換がおかしい、紀行を思い出しますね~。
プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。