--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-09

●かぶれ紀行 海外編 イタリア14 クーポラ登頂とフィレンツェ散策

cupola5.jpg

 

どちらに登ろうかな?

 

「ジョットの鐘楼」「ブレネレスキのクーポラ」か。軍配は(KKの好みです)

は僅差で「ジョットの鐘楼」!

よって「ブレネレスキのクーポラ」に登ります!え、どうしてって?だってこの

素晴らしい鐘楼越しにフィレンツェ旧市街を眺めたかったのと、鐘楼に登ったら

鐘楼が見えないからです。(アタリマエダ)

 

 

 

 

 

 

 

cupola1.jpg 

 

勿論です。「世界遺産」ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

cupola2.jpg 

 

この鐘楼内部には「最後の審判」を表す、素晴らしいフレスコ画が描かれており

ます。

 

 

 

 

 

 

 

cupola3.jpg 

 

登頂途中の小窓から。絵画のようですね。

 

 

 

 

 

 

 

cupola6.jpg 

 

cupola7.jpg 

 

旧市街の奥にはトスカーナの自然。イタリアに来たら、登れるものには登るべき

です。完全にタイムスリップな状態に陥れます。

 

 

 

 

 

 

cupola8.jpg 

 

鐘楼さまとお別れのショット。何度見ても美しい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

marble1.jpg 

 

フィレンツェのお土産情報!

 

伝統工芸の「マーブル紙」です。こちらのお店では職人さんが「手すき」をして

おります。

 

 

 

 

 

 

maeble2.jpg  marble4.jpg

marble5.jpg  marble7.jpg

 

紙そのものも大変綺麗、また、ペーパークリップやしょく台などの小物もあります。

 

 

ご興味がありましたら是非。ちょっと”通”なお買い物情報でした。

 

 

 

 

 

★イタリア編INDEXはコチラ 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 


スポンサーサイト

theme : イタリア
genre : 海外情報

tag : イタリア フィレンツェ マーブル

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

おお~何を隠そう、ジョット大好きの私には羨まし過ぎる登頂です!
たしかダンテも「神曲」の中で、ここを絶賛したとか?
(読んだけど覚えていない)
フィレンツェはウフィッチ美術館も懐かしい~。

No title

★ヒロキエさま
わたくしはヒロキエ画伯程造詣は深くないのですが、このジョットの鐘楼が大好きです。何よりデザインが規則的なところがいいんですよね~。今度はこれに登頂してクーポラを愛でたいと存じます。
プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。