--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-21

●かぶれ紀行 海外編 イタリア4 アグリツーリズモでランチ

agri0.jpg 

 

アグリツーリズモとは農業という意味の"Agricultura" (アグリクルトゥーラ)と観光

という意味の"turismo"(ツーリズモ)という2つの言葉をつなげて出来た言葉です。

 

要するに、本業は農業で副業として宿泊施設を備えたレストランで家庭料理を供

したり、農業体験などの観光等を提供したりしている施設です。地元で取れたて

の素材をその地の料理法でいただける、まさに「スローフード」の世界そのもので

す。

 

トップの写真はトスカーナの夏の定番料理「パンツァネッラ」 。トスカーナ地方に

は、硬くなったパンをよく再利用します。ミネストローネにそのままぶち込んだり。

このパンツァネッラもカチカチの古パンをまず水に浸します。パンが柔くなったら

トマトや玉ねぎなどお野菜とともにたっぷりのエクストラバージンで和えます。

そしてバジリコを手でちぎって、味付けはワインビネガーまたはレモンで。夏に

ピッタリのガツガツいけちゃうさっぱりしたANTIPASTOです。

 

 

 

 

 

 

agri1.jpg 

 

恐らく何かの倉庫を改装したであろうレストラン、というよりは「食堂」ですね。

 

 

 

 

 

 

agri4.jpg 

 

アグリツーリズモの多くでは、「オリジナル・ワイン」を作っています。地酒ですな。

この地方の赤は「サン・ジョベーゼ」という葡萄が良く使われます。

 

 

 

 

 

 

 

agri5.jpg 

 

各種クロスティーニです。これもトスカーナ料理。特に、鶏レバーペーストは

サンジョベーゼの赤と良く合います。その他にオリーブペースト、クルミペースト

アンチョビやナスのものもいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

agri6.jpg 

 

こちらも自家製生ハム。自家飼育の豚さんを熟成させて生ハムにしたものです。

味が濃い!のひとこと。

 

 

 

 

 

 

agri7.jpg 

 

ドライトマトのオイル漬けや、このぶっといしめじソテー、オニオンのビネガー漬け

自家製パンチェッタ、どれも美味。

 

 

 

 

 

 

agri8.jpg 

 

羊のラグーソースのペンネ。言われなければ羊とは気づかないほど、癖のない

優しい田舎味です。

 

 

 

 

 

 

 

agri9.jpg 

 

 

トスカーナのパンは原則、塩を使用しない”味の無い”軽いパンです、それはトス

カーナの料理は味が濃い目のものが多いからだと言われております。

 

 

 

 

 

 

 

agri10.jpg 

 

自家製アプリコットのタルト。最後まで自家製でした。

 

 

 

 

 

 

 

agri2.jpg  agri11.jpg  

 

小麦畑が広がる中にあるアグリツーリズモ。糸杉のある風景といい、これぞトス

カーナの田舎!といった感じの素敵なアグリでした。

 

 

 

 

http://www.agriturismolamandriola.com/utilizzo_it.asp

 

MAP

 

 

 ★イタリア編INDEXはコチラ 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

theme : イタリア
genre : 海外情報

tag : イタリア アグリツーリズモ

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。