--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-29

●かぶれレシピ22 KK風ハッシュドビーフ

hayashi6.jpg

 

淡路牛シリーズに強力助っ人 「淡路玉ねぎ」が参戦!

 

大量に玉ねぎを使った、KK風ハッシュドビーフをご紹介します。

 

 

 

 

hayashi1.jpg hayashi2.jpg

①                         ②

 

hayashi3.jpg hayashi4.jpg  

③                         ④

 

hayashi5.jpg hayashi6.jpg

⑤                         ⑥

 

 

 

 

レシピ

①玉ねぎ大3個を中弱火でひたすら炒める。

②約2時間経ってやっとこんな感じ。(1/4位)これはあとで投入。

③牛肉は細切り、軽く塩コショウとバルサミコで下味を。少しなじませてから軽く

 小麦粉をはたいてオリーブオイルで炒める。火が通ったら赤ワイン投入。半量

 位まで煮詰める。一旦皿へあける。

④キノコ類と、具として生かす玉ねぎ(大1個)、青ネギを軽く炒める。

⑤圧力鍋があれば②③④を鍋で混ぜ合わせ、さらにはホールトマト、しいたけ

 戻し汁、とヒタヒタの水、JALビーフコンソメ1袋を投入して約20分。(普通の鍋

 では火加減弱めで約1時間) この後にデミグラスソース1缶とお好み焼き

 ソースで味を調えて、

⑥ごはんと一緒に盛って完成。  

 

 

 

<材料:4~5人分>

・牛肉 150~200g

・玉ねぎ 大きめ4個

・乾燥しいたけ 50g(戻し汁も使用)

・しめじ 1パック

・マッシュールーム 1パック

・長ネギ 1/2

・JALビーフコンソメ 1袋

・赤ワイン 400cc

・ホールトマト缶 1

・デミグラスソース缶 1

・お好み焼きソース 大さじ2~3

・オリーブオイル

・塩・コショウ 少々

 

 

 

 

 

【KKポイント】

★炒め玉ねぎがいわゆる「ルー」代わり。バルサミコでお肉は柔らかくなります。

 

 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 





スポンサーサイト

tag : レシピ ハッシュドビーフ

2008-06-25

●かぶれレシピ21 KK風 和牛スパ

gyuspa1.jpg

 

本当は普通に焼いてポン酢かなんかで食べたいところですが。

 

「淡路牛」 をいただきましたので作ってみました。無条件に良いお肉なので

極力味付けはシンプルに。ちょっと贅沢なスパゲッティーです。

 

過去の牛肉レシピはコチラ。(う~ん、結構似てる料理だな・・・)

 

 

 

 

gyuspa2.jpg gyuspa3.jpg

①                         ② 

gyuspa4.jpg gyuspa5.jpg

③                         ④

 

 

 

 

【レシピ】

①牛肉は細切り、軽く塩コショウで下味を。しいたけは乾燥モノをぬるま湯で戻す。

②にんにくをオリーブオイルで炒めてから、牛肉を投入。

③軽く火が通ったら、白ネギとしいたけを加え炒める。 ある程度炒めたら、しいたけ

 の戻し汁と「JALビーフコンソメ(あらかじめ1人分をお湯でといておく。)を投入。

④茹で上がったパスタにスープを吸い込ませるように絡めて、イタリアンパセリを

 振って完成。

  

 

 

<材料:2人分>

・スパゲッティーニ 2人分 

・牛肉 150g

・にんにく みじん切 1/2片

・しいたけ 50g

・長ネギ 1/2

・JALビーフコンソメ 1袋

・白ワイン 1カップ

・オリーブオイル(炒め用) 大さじ2

・塩・コショウ 少々

・イタリアンパセリ 少々 

 

 

 

 

【KKポイント】

★パスタはアルデンテより更に1分くらい早くあげて、フライパンのスープを吸い込ま

せるようにして和えましょう。そして、牛肉料理にはモチ相性抜群なのがこちら↓

 

 

 gyujal.jpg

 

  

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 






 

 

 


theme : 簡単レシピ
genre : グルメ

tag : レシピ イタリアン 牛肉

2008-06-23

●かぶれ紀行36 千葉 カジュアル・イタリアン・レストラン「mamma(マンマ)」

harbour1.jpg

 

雨が降ります。梅雨です。そんな最中でも一瞬、晴れ間が覗く、そんな時もあり

ます。この週末の午後、そんなタイミングに訪れしレストランは「mamma」です。

 

それにしても、イタリア人男性には「マザコン」が多い(あくまで通説ですので悪し

からず)と言いますが、やはりそうなんでしょうね。「マンマ」と名の付くレストラン

の多いこと!このブログ内でも3軒目(それも千葉市内だけで)です。イタリア

料理のベースは「家庭料理」=「マンマ(お袋)」の味、ということなのでせう。

 

 

 

 

harbour2.jpg

 

「ピッツァ・マルゲリータ」。北海道産モッツァアレッラ使用。生地も南部風の

自家製生地。

 

 

 

 

harbour3.jpg

 

「大葉」なバジリコが6枚というのは嬉しい限りです。

 

 

 

 

harbour4.jpg

 

「カルボナーラ」。クリーム系ですが、卵もしっかり。角切り大ぶりベーコンが

特徴のボリューミーな一皿。

 

 

 

 

 

harbour5.jpg

「本日のスープ=ミネストローネ」。お野菜たっぷり、こちらも大ぶりベーコン

入り。表面張力がごときオリーブオイルが、熱を逃がさないので最後までアツアツ

です。(どこかのラーメンのようですね・・) チーズもタップリでヤングなお客さま

にはもってこいでしょう。

 

 

 

 

 

 

harbour6.jpg harbour7.jpg

 

harbour8.jpg harbour9.jpg

 

昨年夏のオープンのハーバーシティー蘇我内の「花の駅そが」にあるレストラン。

お花もようやく咲き揃った感じです。もみの木も植えられているのでクリスマスの

時期にはデコレートされるのかな?

 

 

 

 

harbour10.jpg harbour11.jpg

 

晴れた日には、テラス席で花々を愛でつつイタリヤ~ンもまたオツなもんです。

 

 

 

 

【お店】

千葉市中央区川崎町60 「花の駅そが」

http://nexus-inc.jp/hananoekisoga/mamma.html

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 


theme : イタリアン
genre : グルメ

2008-06-18

●かぶれ紀行35 千葉 アンジェリカ -トラットリア&フラワー

angelica1.jpg

 

フラワーとイタリア料理がコラボしたレストランが、千葉の青葉の森公園の前に

あります。その名も「アンジェリカ トラットリア&フラワー」

 

記念日のお食事の際などには、お料理と花束がセットになったコースなどが

人気だそうです。

 

本日は梅雨の晴れ間にランチにお邪魔しました。

 

 

 

angelica2.jpg

 

「前菜盛り合わせ」。一品一品に細かい仕事が確認できます。

 

 

 

 

angelica3.jpg angelica4.jpg

 

「枝豆の冷製スープ」とパスタは「オクラとベーコンのスパゲッティー」

トマトベースの優しい味。

 

 

 

 

angelica5.jpg

 

メインはお魚をチョイス。「カサゴのグリル ゴルゴンゾーラのソース」

淡白だけど味わい深いカサゴにこのソースが合います。

 

 


 

angelica6.jpg

 

「自家製デザート盛り合わせ」。お花も飾られています。

 

 

 

 

angelica7.jpg angelica8.jpg

 

こじんまりとした、お花に囲まれたトラットリア。テラスではペット同伴もokです。

 

 

 

   

          

 

 

アンジェリカ -トラットリア&フラワー-  [ イタリア料理 ] - Yahoo!グルメ


 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 千葉

2008-06-17

●かぶれ紀行34 京橋 Chez Inno(シェ・イノ) 其の弐

inno7.jpg

 

昨日の「ブルゴーニュ・シャルドネ」ともベストマッチでしたのがこちらのお魚

料理。「銚子産スズキのグリル バジルとトマトのソース」。ソースの隠し味

に使われているのが、フランスの「ペルノー」というアニスのリキュール。アニス

独特の強い香りは抑えられており、程よい甘みが香味野菜のソースと淡白な

スズキにとても良く合います。芸が細かい!

 

 

 

 

 

inno10.jpg

 

そしてメインのお肉料理なのですが、ついついこの赤~い「テリ」に引き込まれ

写真を撮る前に、ナイフを入れちまいましたよ・・・ で、ご同席の淑女のお皿

を拝借。(こちらもお手をつけられておりましたが、ここまで寄ればなんとか

耐えられますね)

で、このお料理は「大山地鶏の赤ワイン煮込み」。この赤ワインソースの

深いこと深いこと。通常はブルゴーニュの赤をソースにすることが多いそう

なのですが、こちらはボルドーを使用。その量も半端ではなく、1ケース12本

分のワインが約3本分位になるまで煮詰めるんだとか。(4倍濃縮!?)

このソースに鶏のダシなどを加えて仕上げます。またこの鶏の煮込み加減

が絶妙。煮込み過ぎると、折角の鶏の弾力が失われてしまうのです。

 

 

 

 

 

inno8.jpg

 

赤のオススメ、「ル・オーメドック・ド・ジスクール」。ボルドーの人気ものです。

とても味わい深いんだけど、料理の邪魔しないんだよな~。

 

 

 

 

inno11.jpg

 

デザートは「抹茶のスープ仕立て ハイビスカスゼリーとメレンゲと松の実」

 

 

 

 

inno12.jpg

 

ハイビスカスの香りがほのかにする、酸味の効いた赤いゼリーとクリーミーな

抹茶、そして軽くシロップで炒った松の実が絶妙マッチ。メレンゲはマシュマロ

のようにとろけます。

 

 

 

 

inno0.jpg

 

オフィスビルの1階に佇む、主張しない外観の作りも「一流」っぽいです。大満足

のランチタイムでした。

 

 

 

 

 

【お店】

東京都中央区京橋2-4-16明治製菓1F

http://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData100500/r100199/r100199v.htm

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


theme : おいしいお店
genre : グルメ

tag : フレンチレストラン 京橋

2008-06-16

●かぶれ紀行34 京橋 Chez Inno(シェ・イノ) 其の壱

inno1.jpg

 

本日はとあるイベントで有名フレンチ店、井上シェフの「Chez Inno(シェ・イノ)」

のランチコースをいただきました。(再度の隣国ネタ恐縮どす)

 

 

 

 

 inno14.jpg

 

シャンパンでTOAST(乾杯)!

右からシャンパーニュくん専用、白くん、赤君、お水君のそれぞれ専用グラス。

今日はお昼からいっちゃいましょう、なうれしいセッティングです。

 

 

 

 

 

inno2.jpg

 

アミューズは「カリフラワーのスープ仕立て」。あっさり野菜のカリフラワー

なのに、口に入れた瞬間の風味の強いこと。かなりの濃縮度合い。これだけ

でも相当な手間ひまがかかってることがうかがえます。

 

 


 

inno3.jpg

 

かなり気に入りましたので載せちゃいました。ブルゴーニュのニュイ地区の白

です。シャルドネの風味はあるものの主張しすぎていないので、お料理の味の

邪魔をしません。こちらでは、「グラスワイン」として供されており、ソムリエさん

曰く、「グラスワイン」の選定にはかなり気を遣っているとのこと。それはそうです

よね、コストパフォーマンスがいいソムリエのおすすめワイン=グラスワインって

ことですものね。

 

 

 

 

inno4.jpg

 

前菜「オマール海老のゼリー寄せ 香味野菜とアボカドのソース」

大変綺麗な「初夏」の彩りですね。

 

 

 

inno5.jpg

 

ズームイン。オマールくんがサンドイッチされてます。

 

 

 

inno6.jpg

 

上はコンソメ風味のジュレ、下はいわゆるオマールのビスク(殻ごと煮込んで

濃縮したエビダシ)のムースになってます。

 

 

明日はお魚料理からデザートまでをご紹介いたします。

 

 

  

【お店】

東京都中央区京橋2-4-16明治製菓1F

http://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData100500/r100199/r100199v.htm

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 




 

 


theme : おいしいお店
genre : グルメ

tag : フレンチレストラン 京橋

2008-06-13

●かぶれレシピ20 KK風ヴェルデ(グリーン)カレー

greencury2.jpg


 

今週のレシピは、この鮮やかな緑の「ほうれん草ペースト」を使った、チキンの

「ヴェルデ(グリーン)カレー」でございます。

 

カレーのルーを煮込むスープは、顆粒スープのもとでも良いのですが、今回は

自家製鶏がらスープを仕込み使ってみました。やはり、味に「深み」が出るような

気がします。

 

 

 

 

 

green2.jpg green3.jpg

①                          ②    

green4.jpg green5.jpg

③                           ④ 

 

 

 

 

 

完成形は見た目より、栄養重視。ちょっと緑色薄れますが、なかなか本格派です。

 

 

greencurry.jpg
 

 

 

 

【レシピ】

①ほうれん草は茹で汁約100mlとともにミキサーにかける。トマトはオリーブオイル

 と塩少々とともにこれもミキサーへ。にんにく、しょうが、たまねぎはみじん切り。

 まずにんにくとしょうがを炒め、香りがたってきたらたまねぎ投入。しばらく炒める。

 あめ色になったところで、カレーパウダーを投入。より本格派に仕上げる際は

 ここで、クミンやらガラムマサラやら色んなスパイスをお好みで入れると良いと

 思います。今回はこどもも食べるのでカレーパウダーのみで香り付け。

 (後で市販のカレールーを入れます。)

②チキンは軽く塩コショウで下味を付け、小麦粉をまぶし、別フライパンで強火で

 ソテー。中まで火を通す必要なし。

③②のチキンを一口大に切って、①に投入。なじませて、ほうれん草とトマトの

 ミキサーでかけたものを投入。更にコク出しで市販のトマトペーストも投入。

④③に自家製チキンスープを約200~250ml投入。更にパルミッジャーノを

 すりおろして投入。10~15分煮込む。火を止めて、市販カレールーを割りいれ

 良く溶き、再度10分程煮込んで完成。

 

 

<材料:4人分>

・鶏もも肉 400g

・ほうれん草3束 軽く塩を入れたお湯で下茹で

・トマト 2個

・タマネギ 1個

・にんにく 1/2 ・しょうが 1片

・カレーパウダー 適量

・トマトペースト 1袋

・パルミッジャーノチーズ 適量

●自家製鶏がらスープ

・鶏がら(1羽分)をまず、たっぷりのお湯で茹でて一度取り出しよく洗う。それを

くだいて、大鍋にしょうが1片と長ネギ1/2とともによ~く煮込む。普通の鍋で

1時間程度。

 

 

【KKポイント】

★煮込む際はお好みで味付けを。チャツネとか。

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


 

 

 

 

 

 

 

 


theme : 簡単レシピ
genre : グルメ

tag : レシピ カレー

2008-06-12

●かぶれ紀行33 渋谷 おふらんすなレセプション

shibuya1.jpg

 

本日は、渋谷の「セルリアンタワー東急ホテル」で、おフランスはパリの観光

会議局主催レセプションに出席してまいりました。(お隣の国ネタで恐縮です)

 

なかなか大規模なパーティーですので、このグラスの数。このブロックもほんの

一角で、同サイズのブロックが3~4。

 

 

 

 

shibuya4.jpg

 

まずは、シャンパーニュな「MOET」を一杯、乾杯のご発声までチビチビと。と思い

きや、空調の効きが悪いのと、たくさんの人で湿気がムンムン、喉がカラカラ。

”乾杯!”の声もなかなか上がらず、4杯も空けてしまうことに。高層階での開催

でしたので夜景を愛でつつ4杯。

 

やがて、挨拶、乾杯と式次第は続き、そしてご歓談。シャンパンに飽いたKKは

ボルドーの白をいただくことに。周りの方々にも薦めつつ、さて、ビュッフェライン

へと思いきや、「長蛇の列」!しかもその長蛇くんは、そのあまりの長さに部屋

の端のところで折り返しているでは有りませんか!そこまでして並ぶのはな~。

と「飲み」に専念することに。

 

 

 

 

しばらくしてようやくGET出来ましたのが、この3品。上ふたつは残っていた前菜。

サーモンのムース仕立てとお肉のパテ。アテにはもってこいでした。

 

shibuya7.jpg shibuya8.jpg

 

shibuya5.jpg

 

shibuya6.jpg

 

そしてこの「ローストビーフ」。和牛です。サシしっかり系のとろける系。3切れ

でも満足感たっぷりなボリューム。やはり、ローストさんにはホースラディッシュ

さんですね。

 

 

 

フルーツセクションの氷のオブジェが綺麗でしたので撮ってみました。

 

shibuya2.jpg

 

shibuya3.jpg

 

 

 

 

今年で10年目のイベントということで、アニバーサリーなケーキが登場。

 

shibuya9.jpg

 

 

 

腹八分ですが、おふらんすなワインはたらふくいただいちゃいましたの渋谷の夜

でした。

 

 

【ホテル】

東京都渋谷区桜丘町26-1

http://www.ceruleantower-hotel.com/

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 






theme : ワイン
genre : グルメ

tag : 渋谷 ホテル

2008-06-11

●かぶれ紀行32 お台場 DAIBA KITCHEN

daiba1.jpg

 

本日は、あの海外企画がスタートした、「DAIBA KITCHEN(ダイバキッチン)」に

お仲間とランチでお邪魔いたしました。

 

 

いつも”オヤジギャグ”で場の空気を変えてくれる同僚は、本日のパスタを注文。

「あさりと大葉のスパゲティー」。梅雨の湿気の多い晴れ間に、見た目も爽やかな

一品です。

 

 

 

daiba2.jpg daiba3.jpg

 

KKはここにきたら、やはりこれでしょう。あの親分が食していた(すすっていた?)

「特製ビーフカレー」。 とろけるビーフ、そしてさまざまなスパイスが効いている

大人な”旨辛み”のカレーです。ごはん大盛りもランチ時は無料です。

 

 

 

 

daiba4.jpg

 

豪快に大盛りごはんに「全ガケ」、そしてラッキョウ&青唐ピクルスをトッピング。

よ~くまぜて食べます。(でも、ごはんは普通盛りでも通常の大盛りサイズほど

あり。よって大盛りは覚悟のうえご注文を)

 

 

 

 

 

daiba5.jpg

 

こちらは、「本日のお肉料理のランチ チキンのグリル キノコとトマトのソース」。

この他にランチでは「本日のお魚料理」もあります。メニューも頻繁に変わるので

ランチは何度行っても楽しめます。

 

 

 

 

 

【お店】

東京都港区台場2-3-3 カトラリーハウス1F

http://r.gnavi.co.jp/g851526/

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 





theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : お台場 カレー パスタ

2008-06-10

●かぶれ紀行31 千葉 Acqua e Suolo(アクア・エ・スオロ)

aqua2.jpg

 

京成線千葉中央駅構内のショッピングセンターにあります”オーガニック”なイタリ

アンレストラン「Acqua e Suolo」のランチにお邪魔しました。

 

 

こちらは「海の幸と山の幸のスパゲティー」。イタ語では「MARE(海)e MONTI

(山)」と言われたりしているメニューです。

 

 

aqua3.jpg

 

海の幸はいか、海老、そして飯蛸(これは珍しい!)。山の幸は茸類。味付けは

ガーリックオイル&ソイソースと少しのペペロンチーノ。」

 

 

 

 

aqua.jpg

 

人気メニューのひとつ「モッツアレッラとトマトのスパゲティー」。モッツアは大きめ

角切り、後乗せなのであまり融けていませんが、食べ進めるうちに良い具合いに

糸を引き始めます。トマトソースも「オーガニック」な優しさを感じることが出来ます。

 

 

 

 

 

aqua4.jpg

 

ランチはこれにサラダとドリンクが付いて千円前後、平日は更にデザートが付き

ます。今度はディナーでお肉料理やお魚料理そして有機野菜なメニューも試して

みようと思います。

 

 

 

 

 

【お店】


千葉県千葉市中央区本千葉町15-1  

京成千葉中央駅直結ショッピングセンターMio内3番街

http://www.asano-planning.co.jp/pc/index.html

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 






 


theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン 千葉

2008-06-08

●かぶれレシピ19 牛丼?ピザ

bajiru7.jpg

 

牛丼が余りましたので、思い切ってピザにトッピングしてみました。

 

ついでに「シャウエッセン」もなぜか1本だけ残ってましたので中央へ。

 

 

 

 

 

 

bajiru2.jpg bajiru4.jpg

①                         ②

bajiru5.jpg bajiru8.jpg

③                         ④

 

 

 

 

 

【レシピ】

 

生地のレシピはこちら。

 

①余った牛丼の具とレタスをちぎってトッピング。

②③チーズと、これも昨日余った「ブルスケッタ」のトマト、それとコーンをトッピング。

④190~200度のオーブンで約9分焼く。

 

 

 

【KKポイント】

甘辛牛丼とチーズはベストマッチ。例えるなら「テリヤキチキンピザ」風。とにかく

いろんなバージョンが楽しめます。何か変わりネタありましたら教えてください。

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 






 

 

 

 

 


theme : 簡単レシピ
genre : グルメ

tag : イタリアン レシピ ピザ

2008-06-07

●かぶれレシピ18 テラスバジリコを使って

bajiru1.jpg

 

テラスの「バジリコ」が生い茂ってまいりましたので、「自家製ジェノバペースト」

を作って見ました。

 

 

【レシピ】

にんにくのみじん切り1/2片、松の実30g、パルミッジャーノチーズ30g、オリーブ

オイル適量(ミキサーには少しづつ加える)と約20枚のバジルをミキサーにかけて

完成。この分量で、スパゲッティージェノベーゼを作ると丁度2人前ほどです。

 

 

 

bajiru6.jpg

 

モッツァレッラとトマトの「カプレーゼ」にペーストをオントップ!見た目にも3色

=「トレコローレ」が綺麗です。

 

 

 

 

bajiru3.jpg

 

それでも、まだたくさんありますバジルで「ブルスケッタ(食パンだけど)」。

角切りトマトにオリーブオイルとちぎったバジルに塩少々。よ~く混ぜるの

がポイントです。

 

 

 明日は残り物を使ったピザのレシピをご紹介します。

 

 

  

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 

 

      

 


theme : 簡単レシピ
genre : グルメ

2008-06-04

●かぶれ紀行30 お台場 TO THE HERBS アクアシティお台場店 

herbs1.jpg

 

「梅雨の中休み」な晴れ間がのぞいたと思いきや、曇天に暗転・・・ でも雨には

降られなかったのでテラスでお食事しちゃおうの、ここは「TO THE HERBS」

ございます。

 

なんでも「夏の新メニュー」があるとのことで、ランチタイムにお仲間と来店。

 

 

 

herbs2.jpg

 

「アボカドと10種のミネラル野菜の全粒粉ピッツァ ~クリスピータイプ~」。

お野菜は全て新鮮、由緒正しい契約農家から。珍しいところでは、豪州でよく

食されます「ビートルート」は赤色鮮やかな根菜。こちらでもご紹介しました。

 

注目は生地!「全粒粉」とは小麦の表皮も胚芽も全部そのまま粉にしちゃった

鉄分と食物繊維たっぷりの粉。小麦の甘みも強く、独特の香ばしい風味が

お野菜とよく合います。

 

 

 

 

 

herbs5.jpg

 

このように巻いていただきます。1枚で満腹!でもローカロリーでヘルシーです。

 

 

 

 

 

herbs4.jpg

 

夏メニュー其の弐、「北欧産天然甘えび・生うに・いくらの冷製スパゲッティ」。

味のベースはオリーブオイル+しょう油少々。甘エビは大振り。スパの加減も

宜しいです。

 

 

 

 

 

herbs3.jpg

 

夏メニュー其の参、「完熟トマトの赤いカルボナーラ」。カルボくんというより

ベーコンがきいているので、「アマトリチャーナ」のクリーム風味といった感じ。

トマトは完熟でこちらも由緒正しい契約農家出身です。

 

 

 

 

 

herbs7.jpg herbs6.jpg

 

ハイテクピザ釜が鎮座しますオープンキッチンからは、なかなかなイタリヤン!

がホールへと飛び出していくのであります。

 

 

 

 

【お店】

東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場R503

http://r.gnavi.co.jp/g150110/

  

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 






 

 


theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン お台場

2008-06-03

●かぶれ紀行29 新宿 ハイアットホテルでウエディングなイタリヤン

hyatt1.jpg

 

とある方の結婚披露パーティーに御呼ばれしまして、お邪魔しましたのは新宿

の「ハイアットリージェンシー東京」でございます。

 

 

 

 

 

hyatt2.jpg

 

おっ!「イタリアンメニュー」じゃございやせんか。下段のご注意書きにも注目。

一気飲みはしませんよ。でもたくさんいただいちゃいました~。

 

 

 

 

 

hyatt3.jpg

 

乾杯用に”高砂”のお二人がご用意したくれた、豪州産ピノノワール、赤のスパーク

リングワイン。甘めでモッタリしがちな赤スパークとは違い、キレあり!そしてぶどう

の香りも後追いで主張する逸品!

 

 

 

 

hyatt4.jpg

 

さて、お料理です。お料理名は上のメニューをご参照ください。(手抜き) ポル

チーニ茸たっぷりなキッシュ風。干し葡萄もアクセント。

 

 

 

 

 

hyatt5.jpg

 

お肉、トマト、グラナチーズを一気にルッコラで巻いて食します。この辺までは

赤スパークリングと共に。

 


 

hyatt6.jpg

 

自家製パンは、ウェイトレスさんが大きなバスケットに入れて持ってきてくれます。

 

 

 

 

 

hyatt7.jpg

 

この辺で白ワインにスイッチ。帆立は半生の火の通し具合が手抜きでない証拠

です。

 

 

 

 

 

hyatt8.jpg

 

これを半分いただいた位から赤にスイッチ。軽めなイタリアン赤でしたので、この

お料理にも合います。

 

 

 

 

 

haytt9.jpg

 

更に赤・赤で。ニョッキもいいアテになります。お肉は仔牛ですので、柔らかで

あっさり。巻き巻きパンチェッタでパンチを加えます。

 

 

 

全般的にスモールポーションでしたので、お酒のアテにもってこいでした。

 

 

 

hyatt9.jpg

 

このティラミスも、マスカルポーネの風味濃く、本格的なお味でした。

 

 

100人前以上ものお料理を同時に出すなくてはいけないという厳しい条件を鑑み

ますと、このレベルは大したものです。特に「酒飲み」にはもってこいの量・品数

でございました。

 

 

そして、忘れてました・・・(飲みすぎ・・・) ご結婚おめでとうございます。

 

 

 

【ホテル】

東京都新宿区西新宿2-7-2

http://www.hyattregencytokyo.com/index_pc.html

 

 

 

  

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 






 

 

 

 

 

theme : イタリアン
genre : グルメ

プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。