--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-31

●かぶれ紀行16 新富町 LA BETTOLA DA OCHIAI(ラ・ベットラ)

bettora1.jpg

 

トレ・コローレ!見事なイタリア国旗カラーの「インサラータ・カプレーゼ」の前菜

に始まりましたのは、かの「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」です。予約が取れない店

の予約が取れましたので行ってまいりました。

 

このモッツァレッラは国産「吉田牧場」産です。メイドバイ牛のお乳ですが、濃厚

かつ口当たりがふんわりとした感じです。トマトはしっかりとした食感ですが、完

熟並の甘さでした。

 

 

 

 

bettora2.jpg

 

今日は2人で来店。前菜+パスタ+メインのプリフィックスですので各2種類づつ

のご紹介になりますが、前菜だけ一品追加。こちらは「鶏の白レバーのクロス

ティーニ」。どうしてもこのペーストで白ワインが飲みたかったのです。まったりと

したレバーの風味は赤でも合うかもですが、白がいきたかったのです。

 

 

 

 

 

bettora3.jpg

 

前菜の最後は「ホタテとマシュルームのカルパッチョ」をチョイス。下味は醤油を

ベース、マヨネーとも良く合い、和風な逸品です。

 

 

 

 

 

bettora4.jpg

 

パスタの1品目「4種チーズのリゾット」。ただのチーズリゾットではベットラの名が

廃るばい!とばかりに主張していたのが「アンディーブ」。ホロ苦で大根かつら剥き

な食感が、チーズのコクとマリアージュでしたな~。

 

 

 

 

 

bettora5.jpg

 

もうひとつのパスタは「ホタルいか・黄にら・菜の花のスパゲッティ、からすみを

ふりかけて」(すみません、メニューの正式名メモりませんでした)。和テイスト。

 

 

 

 

 

bettora7.jpg

 

メインのひとつ「目鯛のグリル、聖護院大根のピューレソース」。淡白な白身魚に

見た目淡白そうなソースでどうかなと思いきや、このピューレは味が濃縮されて

いてとっても合いました。

 

 

 

 

 

bettora6.jpg

 

もう一品は「オッソ・ブーコ」。ご存知かもしれませんが、骨付き牛スネ肉の煮込み

です。ブーコ(BUCCO)とは穴の意で、スネ肉の穴、いわゆる骨髄のトロッとした

ところを食すのがメインイベントなピアットなのです。下の写真参照ください。もち

ろん骨の周りのお肉もおいしくいただきます。

 

 

bettora8.jpg

 

 

 

 

 

「チッチョリーナ?」なデミカップでカフェしめ。

 

bettora9.jpg

 

 

 

聞いてはおりましたが、チョイスの豊富さにメニュー選びは苦慮いたしました。

それと店内薄暗なため、お料理写真の撮影もとても苦慮いたしました。

 

次回、いつ予約が取れるか分かりませぬが、必ずや再訪し、色々と試してみたく

なるお店であることには間違いございませぬ。

 

 

【お店】

東京都中央区銀座1-21-2

http://www.la-bettola.co.jp/

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!


 

 



 

 


 


スポンサーサイト

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン イタリアン

2008-03-28

●かぶれ紀行15 白金 BUCO(ブーコ)

BUCO1.jpg

 

「お箸で食べれるイタリアン」なレストラン、BUCO。「白金」、と聞くと自然と後

ずさってしまうのだが、こちらのお店はとてもフランクでしかも落ち着いて料理を

楽しむことが出来ます。

 

 

まずは、「有機野菜のバーニャカウダ」。(バーニャカウダは過去記事のこちら

でもいただいてます。)お箸で食べるイタリアンならぬ、「手で食べる」イタリアン

です。野菜の鮮やかな彩り、しゃきしゃきとした食感、大地の甘み、旨みをこの

カウダソースが引き立てます。(やっぱりどうしても先回と同じようなコメントに

なってしまいますな~)

 

 

 

 

BUCO2.jpg

 

こちらは、「本日のシマダくん」。シマダさんというシェフの本日の創作ピアットです。

さんまときのこのマリネのサラダ仕立て風、といった感じ。

 

 

 

 

 

BUCO3.jpg

 

名物ピアットのひとつ「静岡産マッシュルームのソテー」。大粒で味の濃いマッシュ

ルームですからシンプルなアーリオーリオな味付けで充分。

 

 

 

 

BUCO4.jpg

 

そして私の好物「トリッパのトマト煮込み」。お豆も一緒に煮込んでます。

フォカッチャにこいつをたっぷりと浸して食します。言うことな~すですな。

 

 

 

 

BUCO5.jpg

 

おっと変り種な極太パスタ。こいつは「ストロッツアプレーティ」という手打ち麺。

粉のみでたまごなし。うどんに近い食感です。これに合わせるソースは「真だこ

のラグー」ソース。たこさんもミンチ状にすると旨みがソースに溶け出して味わい

深くなりますね。

 

 

 

 

BUCO6.jpg

 

こちらは「帆立貝とマッシュルームペーストのクリームフジッリ」。帆立もマッシュも

小さく小さくされてるのに、味はとことん主張してきますね。抜群の存在感&仲良し

です。

 

 

 

BUCO7.jpg

 

定番「クラシカル・ラザーニャ」。抜群の焼き加減。赤ワインとともに。言葉になり

ません!

 

 

 

 

BUCO8.jpg

 

「アッフォガート」は嬉しいアイスクリーム2SCOOPです。

 

 

尚、本日ご一緒させていただいたのははるか南半球からいらしたコチラこちら

のご両名です。遠いところはるばるありがとうございました!

 

 

 

【お店】

東京都港区白金1-29-13白金ビレッジ1F

http://buco.jp/

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!


 

 


theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアンレストラン イタリアン

2008-03-27

●かぶれ紀行14 大久保 味ちゃん(マッチャン)

okubo1.jpg

 

色の配置の順番は違いますが、見事なイタリア国旗な「トレコローレ(3色)」です。

 

KKも食べたいのです。たまにはコレアーノ(韓国)料理が。

 

 

 

OLサン達だって食べたいんです。ブタちゃんが。サムギョップサルが。

 

okubo2.jpg

 

 

というわけで強引なオープニング失敬です。電車で約40分かけてやってきました

新大久保は「コリアンキッチン 味ちゃん(まっちゃん)」。

 

 

 

okubo3.jpg

 

 

ま、まぶしい!(って写真が下手なので白色がまぶしいだけなのよね)見よ!

この3枚肉!そしてこの厚さ!

 

 

 

 

okubo4.jpg

 

 

引いて撮ってもこの存在感。さりげに、たまねぎやおじゃがが、ぶたさんの油を

吸って、それがやや香ばしく焦げたりして美味なのです。

 

 

 

okubo5.jpg

 

 

この焦げ目。いかがです。ジューッという音と香りが漂ってきそうですね。

 

 

 

okubo6.jpg

 

 

店員さんが一口大に切ってくれます。そしてそれを下のえごまの葉やサンチュに

まいて、さらにはにんにく、青唐辛子、キムチ、ネギなんかも一緒に巻き込ん

じゃってかぶりつきやす。

 

 

okubo7.jpg

 

 

 

 

本日注文のAセットにはチャプチェ、チジミそしてシメのチャーハンもつきます。

そしてこれらのセットはなんと「2人前」!3人で食べても充分なボリューム。

 

やっぱり、この料理にはマッコリが合いますな~。

 

okubo8.jpg okubo9.jpg

okubo11.jpg okubo10.jpg

 

 

コスパ抜群のコレアーノ・サムギョップサル。離れ小島から40分かけて来た甲斐

がありました。セット内容の詳細は↓こちらで。

 

 

【お店】

東京都新宿区百人町1-3-20 メゾンソワイエ1F

http://r.gnavi.co.jp/a673500/menu4.htm

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 


 


 



theme : 韓国料理
genre : グルメ

tag : 韓国料理

2008-03-25

●かぶれ紀行 海外編 シドニー12(最終回) 最後の晩餐にKK降参

ocean1.jpg

 

浴衣カメラマンに厨房内から激写されるは、「OCEAN ROOM」のヘッドシェフ

野田雷太氏です。この方には、諸手をあげて”降参”でした。そんな降参な晩餐

を今回は写真点数多目で、コメント控えめで(いつもですが)お届けします。

 

また、当レストランは嬉しいことに、「いたりやん」な要素満載でした!!

 

おいしいものは見た目でもおししい。多くの言葉は要りませんな。

 

 

 

 

ocean2.jpg

 

Antipastiとして、ハモンイベリコベジョータ・シシリアンオリーブ添え、奥に見える

はロックオイスター。スペインのプロシュートも味わい深い!ベジョータですしね。

 

 

 

 

 

 

ocean3.jpg

 

焼きとマリネした2種のアンチョビにスモークしたチェリートマトのソルべ乗せ。

「冷たい!」という感覚の後に、酸味と旨みが押し寄せる逸品。

 

 

 

 

 

 

ocean4.jpg

 

タスマニア産オーシャントラウトの刺身、パルミッジャーノのアイスクリーム乗せ。

「刺身にアイスクリームでしかもチーズ!?」

今やOCEAN ROOMのシグニチャーディッシュのひとつですが、このメニュー

開発当初は上記コメントのように酷評されていたそうな。トラウトのコクがまろ

やかなアイスで引き立ちます。

 

 

 

 

 

ocean5.jpg

 

シュリンプフリット、ワサビマヨネーズ和え。中華のエビマヨ風。しつこくなく何個

でもいけちゃいます。

 

 

 

 

 

ocean6.jpg


 

ソフトシェルクラブ(脱皮したてのカニ)のタコス。

 

 

 

 

 

 

ocean7.jpg

 

OCAEN ROOM風刺身の盛り合わせ。一品一品独自のアレンジ。刺身にフライド

ガーリックをあわせるのも斬新。

 

 

 

 

 

ocean8.jpg

 

 

タスマニア産のロブスター、OCEAN ROOM特製スパイス和え。アジアンテイスト

風スパイスと香ばしさが言うことなし。

 

 

 

 

 

ocean9.jpg

 

これぞ、アクアパッツアともいべき逸品。新鮮な地元産タイをオイルと水、オリーブ

ドライトマト、パセリ、ガーリックで煮込んだシンプルな調理。魚自体の旨みは言わ

ずもがな、ソースがブイヤベース状態で極旨でした。

 

 

 

 

 

 

ocean10.jpg

 

お食事はかわゆいお寿司で。

 

 

 

 

 

ocean11.jpg

 

DOLCEも盛り合わせでシェアいたしました。

 

 

 

 

 

 

ocean12.jpg

 

 

最後の晩餐のシメは、エスプレッソしかもダブル。ダブルなだけにカップにカフェ

が飛び散ってます。

 

 

 

唐突ではございますが、これにてシドニー海外編を終了とさせていただきます。

次回海外編も乞うご期待!!(いつになるかわかんないけど)

 

 

GRAZIE E ARRIVEDERCI !!

 

 

 

 

【OCEAN ROOM】

住所:Ground Level,Overseas Passenger Terminal, Circular Quay West,

      The Rocks, NSW 2000

http://www.oceanroomsydney.com/

 

MAP 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


 


 

 


 

 


theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : オーストラリア シドニー レストラン

2008-03-21

●かぶれ紀行 海外編 シドニー11 シドニーの魚市場

fish5.jpg

 

ご同行のオヤビンにゴチになった「マッドクラブ」さんが、強力な両ハサミをもぎ

られうらめしそうにこちらを睨んでおります。

 

 

こちらシドニーフィッシュマーケットでは、マーケットプライスで魚介類を購入出来

その場で調理してくれて食べることが出来ます。(注:魚介購入の店や卸店に厨

房がある場合のみ。こっちの店で買ったものをあっちの店で調理は不可。)

 

 

 

fish2.jpg

 

さて、今回は特別に英語の現地ツアーに参加し、競り場も見学することが出来ま

した。

 

 

 

fish1.jpg

 

ご同行の皆さんの記事にもありますが、こちらのセリはいわゆる「セリ下げ」方式。

最高値が決まっており、そこから上記画面のタイマーが回転し値段が徐々に下

がっていき、各バイヤーが専用端末から早押しボタンで競り落とすというもの。

 

 

 

 

fish3.jpg

 

 

こちらは高級魚の「ヒラマサ」です。

 

 

 

fish4.jpg

 

競り場から出た場内の卸店のひとつでは、名物の牡蠣剥きおじさんがもくもくと

牡蠣の殻を剥いております。1日に少なくとも4千個は剥いております。

 

 

ツアーで場内や競り場を見学した後ですと、なんとなく「目利き」になった気分。

その気分のまま魚介を選んで、その場で食すことが出来るのは面白い体験です。

 

 

あれ!?イタねたがない・・・ あっそう言えばイタリア系な名前のお店が多ござい

ました。(DE COSTIとかNICHOLASとか、詳細はご同行のつきじろうさん記事で。

(つきじろうさん、無茶振りごめんなさい!)

 

 

 

【フィッシュマーケット】

住所:Bank Street on ramp,Pyrmont, NSW 2009, Australia

http://www.sydneyfishmarket.com.au/

 

MAP 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : オーストラリア シドニー フィッシュマーケット

2008-03-19

●かぶれ紀行 海外編 シドニー10 対岸なレストラン

aqua1.jpg

 

 

シドニー旧市街とは湾を挟んで対岸(通称ノースシドニー)にある、超絶景レスト

ラン、それが「アクア」 です。超を付けましたのは、シドニーのシンボルハーバー

ブリッジ越しに世界遺産悪オペラハウスを愛でつつお食事が出来るから。そして

その情景が時を刻むごとに、美しく変化していくあたりも見逃せません。湾との間

に位置するプールもその演出に一役買ってます。なんとこのプール、いわゆる

「市民プール」的位置づけで、在住さんであれば簡単に利用出来るそうです。

 

 

ちょっとノーマルなイントロにてスミマセン。

 

 

 

さて、こちらでいただいたメインは「キングジョージ」と呼ばれている、イトヨリ系の

グリルです。ソースがオリーブ系ですので、無理矢理ですが「イタリヤン」に分類

します。淡白な味です。個人的にはフリットにしたほうがいいかな、と思います。

 

 

aqua02.jpg  

 

 

 

こちらはパンにつけるオリーブオイルと、バラマンディーをチョイスした方の付け

合せ、バジルのニョッキです。イタねたをまとめちゃいました。

 

 

aqua03.jpg  

 

 

 

当レストランの専属契約選手のDANDARAGAN ESTATEのオリーブオイルです。

出身は西オーストラリア州。こっちの方もワインとかオリーブは良質なものが多い

です。


 

aqua04.jpg  

 

 

 

aqua5.jpg

 

 

陽が長いシドニーの夏、9時を過ぎる頃からようやく夜景が際立つ時間になります。

ここで食事をする夏場のメリットは、7時の予約でゆっくり2時間かけ、昼間の景色

夕景そして夜景を楽しむことが出来ることではないでしょうか。

 

 

今回は生真面目に締めくくりたいと存じまする。

 

 


 

【お店】

アクア・ダイニング(AQUA DINING)

住所:Corner of Paul & Northcliff Streets , Milsons Point NSW 2061

http://www.aquadining.com.au/

 

MAP 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : オーストラリア シドニー レストラン

2008-03-18

●かぶれ紀行 海外編 シドニー9 イタリア人街 ライカート 其の弐

bar2.jpg

 

イタリア人街「ライカート」の第2弾は、ジェラートが有名なバール「BAR ITALIA」

というその名もズバリなバールです。

 

 

 

 

bar1.jpg

 

メインストリート沿いにある、トレコローレなひさしが目印です。

 

 

 

 

bar3.jpg

 

こちら、1Scoopで$3.5の「ピスタチオのジェラート」。

 

 

 

 

bar4.jpg

 

すべて手作りのジェラートは濃厚の一語、そして何より、ピスタチオの占有率が

異常なまでに高い。写真では判りづらいですが、口に入れると、アイス部分は

すぐに溶けてなくなるのだが、あとにナッツがゴロゴロと姿をあらわし、ポリポリ

と噛み砕くのが疲れるほどの占有率です。

 

 

 

 

bar5.jpg

 

地元でも人気です。平日昼下がりでもこの行列。ちなみにこの行列はコーヒーを

頼む人の行列です。

 

 

 

 

bar6.jpg

 

「UN CAFE PERFAVORE」(カフェください)、イタ語で注文。通じます。当たり前

で。こちらイタリアンなファミリアの経営するバールなんですから。

 

そんな本場なカフェは味も本場、濃度、香りともに高い逸品でした。

 

 

 

【お店】

BAR ITALIA

住所:169 Norton St,Leichhardt, NSW 2040

 

MAP 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : イタリアン オーストラリア ジェラート

2008-03-17

●かぶれ紀行 海外編 シドニー8 イタリア人街 ライカート 其の壱

leicd5.jpg

 

今回のミッションである、シドニー郊外のイタリア人街「LEICHARDT(ライカート)」

に初上陸です。市内からはタクシーで約15分程度で、簡単に来れます。

 

 

 

 

leicd1.jpg

 

一見、普通の郊外のいわゆるタウンな街並みです。

 

 

 

leicd2.jpg leicd3.jpg

 

 

イタリアっぽいのかそうでないのか、若干意味不明のイラストに出迎えられ入店。

 

 

 

 

 

leicd4.jpg

 

 

今日は良いお天気、湿気も少なく、本能がビールを欲します。とうことでここで

 

伊豪共演!

 

左、オージー地ビールの代表ともいうべき、「VICTORIA BITTER」通称VB。

右、イタリアビールの顔的存在、「NASTRO AZZURO」

 

色の違いが良く判りますね。VBは琥珀色でテイストはラガー系。NASTROは

薄めの色で飲み口も軽め。

 

 

 

 

leicd6.jpg

 

ピッツア・マルゲリ-タ。チーズたっぷり、バジルは細かく刻み系。

 

 

 

 

leicd9.jpg

 

生地はどちらかというと、パンピザ系。純イタリアンというより、豪なアレンジが

効いているピザです。

 

 

 

leicd7.jpg

 

「GIOIA風リゾット」。クリームベースに大きめな具の海老とアスパラが嬉しい一品

です。

 

 

 

leicd11.jpg

 

太めなアスパラくんです。

 

 

 


 

leicd8.jpg

 

「サーモンのフェットチーネ トマトクリームソース」。歯ごたえある手打ち麺に濃厚

ソースとこちらも大きめサーモンの具が嬉しい。これもリゾットもボリュームは相当。

 

 

 

 

leicd10.jpg

 

太めなサーモンくんです。

 

 

 

 

男子2人でシェアするも、完食出来ないボリュームは、やはりオージーイタリアン

の特徴です。ピザはテイクアウェイして、在住のテツくんが、お子さんとあとでおい

しくいただきましたとさ。

 

 

 

  


 

【お店】

Cafe Gioia

住所:436 George Street Sydney, NSW 2000, Australia

http://www.gioiacafe.com/

 

MAP 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 



 


 

theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : イタリアンレストラン オーストラリア シドニー

2008-03-14

●かぶれ紀行 海外編 シドニー7 シェラトン・オンザパークホテルの朝食

bfst1.jpg

 

たまには贅沢に、ホテルでのゆったり朝食はいかがでしょう。こちらのホテルは

豪華バイキングです。でもごめんなさい、このお皿、豪華に見えないですね。

トーストに好きなものたくさん乗せてごちゃ混ぜにして食べるのが好きなのです。

 

 

 

さて、イタネタですが、朝食の時にでもこの「カフェラッテ」を頼むことが出来ます。

朝は「カプッチョ」かこれですね。

 

 

bfst2.jpg

 

 

 

 

 

でもおかわりで「カフェ」。

 

 

bfst3.jpg

 

 

 

 

パッションフルーツも食べ放題ですよ。ヨーグルトに入れて。

 

 

 

bfst4.jpg

 

 

 

 

詳しい朝食内容はコチラの記事にて

 

 

 

 

【ホテル】

SHERATON ON THE PARK

住所:161 Elizabeth Street, Sydney, NSW 2000

 

MAP 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 


theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : シドニー ホテル 朝食

2008-03-13

●かぶれ紀行 海外編 シドニー6 イタリアンメルカート

freschi4.jpg

 

シドニーのちょっと郊外に位置する、「イタリアンメルカート(マーケット)」です。

マーケットならではのこのオリーブオイルの品揃え!イタリア輸入ものは勿論

オーストラリア国産モノもあります。近年、オーストラリア産オリーブオイルの

質の高さが注目されてきています。おいしいワインやチーズが出来る土地では

おいしいオリーブも実り、濃厚なオイルが取れます。 

 

 

 

 

freschi1.jpg freschi2.jpg

 

もともとは倉庫のような建物。チーズも輸入ものから国産まで。

 

 

下はイタリア直輸入の「ボッコンチーノ」。(モッツアレッラの一口サイズ) 

 

 

freschi3.jpg

 

 

 

 

 

オリーブオイルの試飲コーナーもあります。

 

freschi5.jpg

 

 

 

 

試飲して選んだのがこちら。シドニーの有名レストランでも使われているオイル。

産地はワインで有名なハンターバレーです。$16.60なり。約1,700円。

 

 

 

freschi8.jpg

 

 

 

 

 

 

そしてこんなものも。これは、イタリア料理ではよく副菜として供される「ポレンタ」

のもととなるポレンタ粉です。とうもろこしの粉です。これをお湯でといて、マッシュ

ポテト風にして食べたり、それをグリルしたりして食します。

 

コレが登場した過去記事はコチラ。

 

 

freschi7.jpg

 

 

 

お買い物のあとはこちらの「バール」でカフェなんぞを。


freschi6.jpg

 

 


【マーケット】

Fratelli fresh(freschi)

住所:7 Danks streetWaterloo 2017, Australia

http://fratellifresh.com.au/

 

MAP 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 

  

theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : シドニー イタリアン マーケット

2008-03-12

●かぶれ紀行 海外編 シドニー5 朝のデパ地下

sand2.jpg

 

市内のデパートにあるフードコートのサンドイッチ屋さんで、ハーブのフォカッチャ

を見つけましたので、kk風オリジナルサンドを作ってみることに。

 

 

中にはさむ具はあの「SUBWAY」の倍位の種類があって非常に迷います。

 

 

そんな方の為に、レディメイドの既製サンドも何種類かありますが、やはりここは

オリジナルにこだわりましょう。今日のテーマは、お野菜中心の「ヘルシーミラノ

風」で。

 

 

 


 

sand1.jpg

 

え~、上からチーズ、レタス、ロースハム、トマト、パプリカ、おなす、でおます。

 

 

 

 

 

 

そしてこちらのデパ地下には八百屋さんもございまして、おっこのトマトはイタリア

なサンマルツァーノ種ですな。生でもソースでもおいしいポモドーロです。

 

tomato.jpg

 

 

 

 

 

 

そして、やはりいつ見てもインパクト強なマッシュルーム。比較対象が写り込んで

おらず大きさは分かりにくいですが、手のひら2つ分は裕にあります。

 

mash.jpg

 

 

 

 

 

 

この後、とあるカフェにて、「アッフォガート(アイスクリームのエスプレッソがけ)」

そしてとある方はこちらを頼んでおりました。どちらもなんとなく「オージー風」

ですね。

 

 

afgt.jpg burger.jpg

 

 

 

 

 

そしてこの後、ちょっと変わったマーケットにGINさまにご案内いただきました。

 

 

 

 

【お店】

myer(マイヤー)

住所:436 George Street Sydney, NSW 2000, Australia

http://www.myer.com.au/

 

MAP 

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 



theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : オーストラリア シドニー サンドイッチ

2008-03-11

●かぶれ紀行 海外編 シドニー4 ロブスター・マエストロなリストランテ    其の弐

blue6.jpg

 

マエストロがしかと握り締めるロブくん(ちゃん?)。この写真では落ち着いてます

が、実は相当活きが良く、暴れておりやした。

 

 

 

 

 

blue7.jpg

 

さあさあ、活きがいい内に往生していただきやしょう。通常は包丁で捌くものの

このクラスは大工仕事級でございやす。ためらいもなく、一気にドスン!

 

 

 

 

 

blue8.jpg

 

キレ~イに真っ二つで大往生のロブくん(ちゃん?)を即、今度は極寒地獄(氷

〆)が襲います。

 

 

 

 

 

blue2.jpg

 

そして、エクストラオーダーですが、もうひとつの看板「WAGYU」がこちら。

 

 

 

 

 

 

blue12.jpg

 

サシの少ない、フィレの部分はやはり「カルパッチョ」でせう。トリュフも入った

なかなか凝ったソースがかかってるんですが、どなたかが

 

「焼肉のタレ」みたい・・・

 

と仰せられました。

 

以降、何口味わっても、生肉の焼肉のタレ和え、の味しかしません!

 

 

 

 

 

blue11.jpg

 

そして「カルパッチョ」にはうるさいアタシもうなった「スキャンピ(手長海老)」の

カルパッチョ。これの刺身は食べたことあるけど、薄切りなカルパッチョはお初

で驚きました。甘さが強調されます。ただ歯ごたえはないのですが。

 

 

 

 

 

blue13.jpg

 

歯ごたえはなし、と言いましたが、その「歯ごたえ」がこちらで倍になって帰って

きていましやした!30年選手の刺身です。ものすごい弾力!そして濃い味!

大味なんてとんでもない。生涯一「ロブ刺し」です。

 

 

 

 

 

blue15.jpg blue14.jpg

 

お~っと、またイタリヤンからそれ始めたか~?

先ほどの「WAGYU」の所謂イタリア風に言うと「タリアータ」です。炭火の香ばしさ

と日本の牛肉に負けず劣らずなコク。そして、〆はイカ墨スパゲッティーはアルデ

ンテでごさいました。

 

 

 

 

 

blue16.jpg

 

ついでに、こちらは知るひとぞしる、「LUCKEY BEER」。七福神の布袋さんが

モチーフです。

 

 

こうして、ロブスターイタリヤンな夜はふけていきました。

 

 



←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


theme : オーストラリア
genre : 旅行

2008-03-10

●かぶれ紀行 海外編 シドニー3 ロブスター・マエストロなリストランテ    其の壱

blue1.jpg

 

 

EAST SYDNEYと呼ばれる、割とイタリア系のお店やカフェが多目のこの地域

にある、老舗な”イタリアン”ロブスター料理のレストランが「ブルーエンジェル」

です。

 

 

 

 

blue9.jpg

 

 

こちらのスペシャルは今も昔もロブスターですが、数年程前、オーナーが来日

の際、鉄板焼きでの和牛ステーキにいたく感動。以来、"WAGYU" ビーフも

名物に。WAGYUと書いたのは、日本から輸入している牛肉ではなく、オースト

ラリアで飼育されている"WAGYU" というブランドだからです。下のナンバー

プレートからもビーフに対するオーナーの思い入れが伝わってきます。

 

 

blue10.jpg

 

 

 

 

そして、さすがはイタリア人オーナー、オーストラリアはおろか日本でもかなり

のレベルなイタリアンワインの品揃え!赤の有名どころ勢ぞろい、「SOLAIA」

「TIGNANELLO」「SASSICAIA」です。

 

blue4.jpg blue5.jpg

 

 

 

 

 

blue3.jpg

 

この店内にある超大型水槽。この中に鎮座ましますのは、

 

「タスマニア産のロブスター」

 

でごぜーやす。

 

 

 

この水槽におもむろに網をぶちこむマエストロ。そして水揚げ!


blue6.jpg

 

コ、コイツはデ、デカイ、デカイ過ぎる!なんと30年ものだそうです。でもやっぱり

大味なんじゃないの~、と誰もがそう思うのですが・・・

 

 

はたして、真相はいかに。コチラで確認してみてください。(記事がアップされてれ

ば確認出来ると思います。)

 

 

「いたりやかぶれ」でも、お料理をちょっとだけ、次回紹介しちゃいます。

 

 

【お店】

BLUE ANGEL(ブルーエンジェル)

住所:223 Palmer Street, East Sydney NSW 2010 Australia

http://www.blueangel.com.au/

MAP はコチラ

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!


theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : オーストラリア シドニー ロブスター

2008-03-09

●かぶれ紀行 海外編 シドニー2 有名カフェで朝食

bills2.jpg

 

 

さあ、いよいよスタートいたしました、「7人のブロガーが行く!シドニー街歩き」

(シドニー海外オフ会)でござんす。

 

で、あたくしはこの7人には数えられておりやせんので悪しからず。

 

 

さてさて、まずは「シドニーな朝ごはん」レポートです。このカフェ、有名店で

シドニーな3店舗あります。今回訪れたのは、中庭がオサレな「ウラーラ店」

です。多分にイタリヤンな食材やメニューがございやすんで、当ブログにても

紹介しちゃいます。

 

 

bills3.jpg

 

 

シグニチャーなディッシュはやはりこの「スクランブル・エッグ」です。フワ・トロ・

マロヤカ。

 

 

 

bills4.jpg

 

エッグとともに有名な一皿は「リコッタ・パンケーキ」。パンケーキの中につぶつぶ

リコッタが練りこんであります。

 


 

bills6.jpg

 

「スイートコーンのフリッター」。これもつぶつぶコーンたっぷりの洋風「お好み焼き」

という印象です。太陽をたくさん浴びた糖度の高いトマトとカリカリベーコンがアクセ

ントですな~。

 


 

 

 

お~っとと、だいぶ ”豪州” なテイストになってきちまった。 んじゃここらで

イタリヤンに引き戻すべく、

 

「ショートブラック」 もとい! 「エスプレッソ」

注:豪州では所謂「エスプレッソ」を「ショートブラック」、普通のブラックコーヒー

を「ロングブラック」といいます。

 

 

bils5.jpg

 

 

苦味・コクはイタリヤンな「オージーショートブラック」でしめです。

 

 

ご一行はこの後どこにいったのかな。こちらで確認してみてください。

 

 

 

【お店】

bills Woolahara(ビルズ ウラーラ店)

住所:Queen's Court 118 Queen Street,Woollahra NSW 2025 Australia

http://www.bills.com.au/home.htm

 

MAP 拡大していくと中庭に白いパラソルが見えると思います。このオープン

     エアーな空間でもお食事できます。

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 


theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : 海外旅行 シドニー カフェ

2008-03-07

●かぶれ紀行 海外編 シドニー1 機内イタリヤン

sydkinai1.jpg

 

 

 

初の海外遠征レポートです。行き先はオーストラリアのシドニーでございます。

さぁ~て、到着後は朝からフル稼働だから、機内食は食べないでゆっくり寝よう

と思いきや!なんと機内食の選べるほうのひとつが、

 

 

 

「ペンネパスタ・ジェノベーゼ」

 

 

 

じゃないすか~。ウトウトしてるとき、機内の給仕スペースの方から、何やら

嗅ぎ覚えのある”かほり”(結構強烈なバジルのかおり)が漂ってきてるな~

と思ったら案の定。

 

 


 

 

 見て見ぬフリは出来ず、こちらをチョイス。機内食なりのテイストですが

味付けは濃い目で、赤ワインなアテにピッタリでした。おかげでビール

ワインとおいしくいただくものの、kkの場合は中途半端なアルコールは

いわゆる「気つけ」効果でその後目が爛々・・・寝れませんでした。

 

 

 

 

sydkinai3.jpg

 

 

 

 

 

sydkinai2.jpg

 

 

 

 

初日の予定はハードスケジュールだったよな~。先が思いやられるな~。

とは言えアッシもプロのはしくれ。キッチリ仕事させていただきますよー。

 

 

 

 

 

さて、ご一行がまず向かった先はコチラでございます。(次回へ続く)

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 


theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : オーストラリア シドニー 海外旅行

2008-03-06

●かぶれコネタ5 エスプレッソな缶コーヒーと塩キャラメル

daiba1.jpg

 

唐突ですが「レインボーブリッジ」です。いつも乗ってるゆりかもめからの眺め

ですが、今日はあまりにもクリアーだったので思わずパチリ。

 

 

どこかでこれに似たような風景を見たような・・・遠い海外で・・・南半球で・・・

カンガルーとかコアラとかいる国で・・・オペラハウス・・・ハーバーブリッジ・・・

 

 

 

 

 

横道にそれましたのでイタリヤンに戻しましょう。

 

daiba2.jpg

 

 

コンビニで見つけちゃいましたのはコチラ。昨年秋発売の商品。あの「ボスキャラ」

なシニョールの顔なし、パイプのみのシンプルなロゴ。なかなかBENEですな~。

 

 

エスプレッソなネーミングは、コーヒーをエスプレッソ抽出しているからで、決して

この一缶にあの、ストロングなブラックがつまっているわけではございませんので

悪しからず。(あたり前田)

 

 

 

 

daiba3.jpg

 

 

ややおしつけがましいコピーも、まあ愛嬌といったところでしょうか。ちなみにアタシ

はド平日にいただきましたが・・・

 

 

お味は”おいしい”「缶コーヒー」でした。

 

 

 

 

 daiba4.jpg

 

 

 

一緒に見つけましたのがコレ。はやりの「塩キャラメル」と「エスプレッソ」が

ひとつになってしまいました。

 

 

 

 

daiba5.jpg

 

 

 

お味は”おいしい”「コーヒーキャラメル(ちょっぴり塩味)」でした。

 

 

塩分蓄えたところで、いよいよ「かの国」へ出発か!?(なんじゃそりゃ)

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!


 

 

 


theme : お菓子
genre : グルメ

tag : 缶コーヒー 塩キャラメル シドニー

2008-03-05

●かぶれレシピ11 KK風手ごねピッツァ アレンジ特集

pizza12.jpg pizza8.jpg

pizza9.jpg pizza10.jpg

 

昨日に続きセリエ・ピッツァ(ピザシリーズ)です。本日は基本をベースとした

バリエーションをいくつか紹介させていただきます。

 

 

まずは野菜がたくさん取れる「ベジタブル・ピッツァ」。お好み野菜はみじん切。

上はタマネギ・パプリカ(赤・黄)・エリンギ・コーン・ブロッコリーの芯・ハム。

基本のトマトソースを生地に広げ、その上に野菜をしきつめ、さらにその上に

チーズでふたをする。パセリをふってオーブンへ。分量、焼き時間はコチラ

 

 

【KKポイント】

★みじん切野菜を多目のチーズで覆って、蒸し焼きにするイメージ。野菜の

甘みが引き立つ美味しいピッツァです。

 

 

 

 

続いてはコチラ。

 
pizza16.jpg

 

簡単「マリナーラ」(トマトソースとにんにく)。作り方は基本のトマトソースを生地

に塗り、生にんにくのスライス(1/2個くらい)とパセリをふってオーブンへ。

生地はこのピザの場合はパリッ系が合う。小麦粉80g、強力粉20gくらいかな。

 

 

【KKポイント】

★チーズを使わない「おつまみ系ピッツア」。トマトーソースを多目、オリーブオイル

は焼く前と後、2回まわしかける。

 

 

 

 

 

最後にもういっちょ。

 

pizza17.jpg pizza18.jpg

pizza19.jpg pizza20.jpg

 

名付けるとすれば「北海の恵みピッツァ」。具はかに缶・コーン・ポテトで基本

トマトソースと生クリームを1:1の割合で合わせ、オーロラソース風に。具と

チーズ、パセリをのせオーブンへ。

 

 

 

【KKポイント】

★焼く前にカレー粉をふってもおいしいです。

 

 

 

いろいろお試しのほどを!

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!


 

 

 

theme : 簡単レシピ
genre : グルメ

tag : レシピ ピザ

2008-03-04

●かぶれレシピ10 KK風手ごねピッツァ

pizza15.jpg

 

区切りのレシピ第10弾は、お待たせしました、手作り生地のピッツアでございます。

 

 

ご紹介しますのはいわゆる「マルゲリータ」風です。これをベースに乗せものの

具はお好みで。

 

この手作りピッツァは、お子さんのいるご家族におすすめのレシピです。

その理由は2つ。

 

 

1.お子さんに手伝ってもらいながら家族でワイワイ楽しみながら作れる

2.具に好きなものを入れられる、野菜嫌いなお子さんも細かく刻めば

  たくさん食べられる

 

 

 

お父さん!休日に是非トライ!株があがりますよ~。

 

 

 

 

 

【レシピ】

 

 

pizza2.jpg pizza3.jpg

生地ネタをボールに入れ軽く混ぜる。   まとまってきたら、拳で何度か強く押し

水を少しづつ入れ、粉全体になじませ   つけてこねる。

るようにこねる。

 

 

pizza4.jpg pizza5.jpg

まとまったら丸めてラップで巻き、冷蔵  まな板に打ち粉(強力粉)を適量(多目)

庫で約30分寝かせる。             振り、麺棒でまな板全体の大きさ位に

                           薄く伸ばす。中心部から外へ外へと

                           伸ばしていくと良い。

 

 

pizza6.jpg pizza7.jpg

 

このあたりの行程からお子さん参加可。  あらかじめ作っておいたトマトソース

縮みを防ぐ為、フォークで所々穴あけ。  を満遍なく伸ばす。(市販ピザソース

                           でも良いがこの手作りソースの方が

                           よりフレッシュ感がある)

 

 

pizza13.jpg pizza14.jpg

モッツァレッラとバジルをを手で千切って  オーブンレンジのピザモードで焼くか

ちりばめる。軽く塩・コショウ、最後に    190~200度のオーブンで約9分焼く。

オリーブオイルをまわしかける。       様子を見ながら調整してください。

 

 

 

 

<材料:大1枚 3~4人分>

・生地ネタ   : 強力粉40g+小麦粉60g+塩小さじ1/2+砂糖小さじ1.5

           +オリーブオイル小さじ1+水約80ml(調整しながら)

・トマトソース : ホールトマト1/3缶+オリーブオイル大さじ1+塩小さじ1/2

           +コショウ少々+砂糖小さじ1/2をミキサーにかける

・モッツァレッラ: 1個

・バジル    : 2~3枚

 

 

 

 

【KKポイント】

★強力粉、小麦粉の配分で生地の食感が変わります。上記レシピは標準タイプ

で表面パリッ、中モチッ系です。よりパリッがお好みでしたら小麦粉を多目、より

モチッがお好みでしたら強力粉を多目にしてください。イースト不要、発酵時間

もそれほど要らない簡単ピザです!是非お試しを!

 

 

そして明日は、KK風ピザのバリエーションをいくつかご紹介します。

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 



theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : レシピ ピザ

2008-03-03

●かぶれ紀行13 名古屋駅 PECK(ペック) 

peck1.jpg

 

「ミラネーゼ」セレブ御用達な高級食材店が日本の高島屋さんにお店を出して

おります。

 

 

こちらは名古屋店でJR名古屋駅構内の高島屋1階にございます。

 

 

セレブ御用達と申しましたのは、ミラネーゼのほんの一部の階層の方々御用達

というわけでして、大多数の方々はやはり普通のスーパーマーケットで食材を

購入しております。代表的なミラノのスーパーはやはり「Esselunga(エッセ

ルンガ)」でしょう。

 

 

 

無理矢理日本に当てはめますと、

 

「ペック」≒東京の「明治屋」、関西の「IKARIスーパー」

「エッセルンガ」≒「マルエツ」、関西の「関西スーパー」

といったところでしょうか?

 

 

 

 

peck3.jpg

 

直輸入系フォルマッジョの種類は豊富。

 

 

 

 

 

peck4.jpg

 

イタリア系のフォカッチャからクロワッサンまで幅広いパンを扱うベーカリー。

 

 

 

 

 

peck5.jpg

 

パスタからドルチェまで、イートインでもテイクアウトでも。

 

 

 

 

 

peck6.jpg

 

いただきましたのは、イートインで「マチェドニア・コン・ジェラート」と「カフェ」。

「マチェドニア・コン・ジェラート」とは要はフルーツポンチ+アイスクリームで

イタリアではメジャーなドルチェです。シロップ漬けのフルーツは甘すぎず

バニラアイスと一緒でもくどくありません。

 

 

 

 

 

peck7.jpg

 

 

このロゴカップでいただく「カフェ」は心なしか本場のプロフーモ(香り)がしました。

 

 

 

 

 

 

【お店】

名古屋市中村区名駅1-4  ジェイアール名古屋タカシマヤ 1F

http://r.tabelog.com/aichi/rstdtl/23001471/

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン カフェ

プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。