--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-14

●かぶれ紀行22 千代田区 新丸ビル salt

salt9.jpg

 

東京駅に程近い、新丸ビルにあります「salt(ソルト)」でございます。シドニーに

かつて同名の有名レストランがあり、そちらのシェフがLuke Mangan氏。同氏が

プロデュースしたオーストラリアの食材をなどをメインに使った多国籍な料理を

楽しめるお店です。

 

で、やはりイタリヤンな「いかすみのリゾット」をトップに配します。イベリコ豚の

チョリソーと香菜がインテルナショナルな感じですね。

 

 

 

 

salt3.jpg

 

アミューズ。「うずらのたまご ブラウンシュガーとセロリのお塩で&甲殻類

のビスク」。うずらはモチ、半熟です。

  

  

salt4.jpg

 

タスマニア産オーシャントラウトのコンフィ フェンネルと貴腐ワインのジュレ」。

やはりTASSIEのトラウトは味も見た目も本当に「PURE」という言葉が当て

はまります。ジュレもあっさりとしていて邪魔しませんね。

  

  

salt5.jpg

 

「西オーストラリア州産ロブスターのロースト」。「活」ロブスターをちょっとアジアン

テイストで。

 

 

 

salt6.jpg

 

「ノーザンテリトリー産バラマンディのロースト 大麦のリゾット 帆立貝の

スモークと赤座海老の天麩羅 生姜のピクルスのサラダとココナッツブロス」。

メインはバラマンディーという豪州の高級淡水魚、で脇役さん達が多いこと。

大麦のリゾットは食感良く、ココナッツソースとも合います。

  

  

  

 

salt7.jpg

 

「カンパチとオリーブタップナードのパフ包み タイム風味のビーツソース キャラ

メライズしたエシャロットとそら豆」。カンパチくんの火の通り具合も良し、ビーツ

の赤色とのコントラストも良し。(トレコローレ?ビーツはオーストラリアで良く食さ

れる「ビートルート」という赤色鮮やかな根菜。このお皿、良く見ると「紅しょうが」も

使われてます。そうそう、こちらのお店えはよく、お寿司の「ガリ」も使用されます。

 

 

 

 

salt8.jpg

 

お肉料理。「うさぎ肉のロースト トルテリーニ添え」。くせは有りません。

 

 

 

salt11.jpg salt12.jpg

 

「チーズの盛り合わせ」と「リコリスのパルフェ」。リコリスとは「甘草(カンゾウ)」。

この素材をデザートにという発送は凄いですな。この甘草は風邪予防にいいです。

ちなみに「引いたら早めに」の葛根湯にも配合されてます。

 

 

 

 

 

salt1.jpg salt2.jpg

 

 

こちらでは毎度、というか毎皿、プチサプライズが隠されていて本当に楽しめます。

それと豪州産食材の持つポテンシャル。これにも驚かされました。

 

 

 

 

 

【お店】

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング6

http://www.pjgroup.jp/salt/index.html

 

 

 


 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


 





 


 


 

スポンサーサイト

theme : オーストラリア
genre : 旅行

tag : オーストラリア レストラン

プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。