--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-22

●かぶれ紀行130 新橋 ピッツェリア ドーロ

doro3.jpg 

新橋にあります「Pizzeria D'oro(ドーロ)」をご紹介。店名訳、「金のピザ屋」

本格石窯焼きの「マルゲリータ」



doro2.jpg 

新鮮野菜の「バーニャカウダ」なんかもあります。



doro4.jpg 

私の好物。「ビスマルク」。とろーり卵とチーズ、ハム、トマトソースの相性
は抜群です。



doro5.jpg 

「ポモドーロスパゲッティー」。定番メニューもおすすめ。



doro6.jpg 

「牛テールのラグーのリガトーニ」。赤ワインと一緒に是非。おすすめ!



doro7.jpg 

「ティラミス」



doro8.jpg 

エスプレッソとヴァニラジェラートで、


doro9.jpg 

「アッフォガート」



doro1.jpg 

カップルでも、団体でも。ワインも豊富です。




【お店】

〒105-0004 東京都港区新橋5-18-1 玉置ビル1F

http://r.gnavi.co.jp/g045000/

 

フランクフルト生活情報

フランクフルト生活情報ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!


FC2ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!


 




スポンサーサイト

theme : イタリアン
genre : グルメ

2010-05-06

●かぶれ紀行114 新橋 ポンヌフ

ponteneuf2.jpg 


かのeatnapo師匠をナポ道へと引きずり込んだと言われている聖地
についに潜入いたしました!








ponteneuf1.jpg


いただきましたのは、「バーグナポのセット」。「THE王道喫茶ランチ」
ですね。見た目以上の盛りのナポリタンのお味も王道、この太麺は
茹で置き特有の心地良いモチモチ感あり。それからやはり、ナポには
銀皿がしっくりきますね。








ponteneuf3.jpg 


バーグは言うなれば「お子様ランチ」のハンバーグ。遠い昔、デパート
の食堂で食べたあのお子様ランチ。郷愁漂う一品です。







ponteneuf4.jpg  


そしてこのプリン。わたしは所謂、「なめらか系」より、断然「ゴツゴツ系」
が好きです。この凹凸によって醸し出される食感となにより、カラメルが
カラマリやすい。 



 


ponteneuf5.jpg 


今やランチタイムは大混雑。ちょっと遅めのランチでお邪魔いたしました。




 

 

【お店】

東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル 1号館 1F
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13024964/

 

 

 

 

 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : ナポリタン 新橋

2008-04-22

●かぶれ紀行24 新橋 Caspita(カスピタ) 其の弐

caspita7.jpg

 

新橋の「Capista」。Antipasti達は良い感じでした。ワインも進んじゃいます。

ピザも本格派。アレンジは「旬の筍と生ハム」。モッツァアレッラとトマトのマル

ゲリータベースにトッピング。おろしパルミッジャーノもいいですね。

 

 

 

 

caspita12.jpg

 

定番な「Quatoro Formaggio」。ゴルゴンゾーラ大好きです。

 

 

 

 

caspita11.jpg

 

「じゃがいものふわふわニョッキ グラタン仕立て」。文字通り、フワッと食感の

ニョッキに、好きなんですゴルゴンゾーラが、のグラタン仕立て。

 

 

 

 

caspita10.jpg

 

ニョッキ好きの方がいまして。もういっちょ「カボチャのニョッキ」。見た目、一品目

と変わらんがな~。

 

 

 

caspita9.jpg

 

本日のメインとも言うべき、7種類の和牛肉の部位の煮込みと手打ち麺。その名

も「幸福のパスタ」。1日15食限定だそうです。7種はアキレス・レバー・ハツ・マメ

・ホホ・タン・スネ。どれもよく煮込まれていました、ので正直どれがどれだか・・・

味付けは見た目以上にあっさり。でもボリューム満点でした。

 

 

 

 

 

さて、昨日記事の「入店をためらった」その理由とは・・・

 

caspita13.jpg caspita15.jpg

 

お店の外観。1階、いわゆるグランドフロアー。良く見ると店員さんが一人、お客

”ゼロ”。通常の人の心理、「この店大丈夫なんだろうか?」。

 

 

勇気を出して入店、「こちらでございます」と通された席は・・・

 

caspita14.jpg

 

「地下」!。の席にはたくさんのお客さんが。通常、1階は使用してないんだとさ。

でも初めてだとちょっととまどっちまいますよね~。勇気を出して入って良かった!

あやうく「カラオケめし」になるところでした。(近くにあったので)

 

 

 

 

 

【お店】

東京都港区新橋2-12-15田中田村町ビルB1


http://www.feel-company.net/shop/caspita-shinbashi/

 

 

 


 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 



theme : イタリアン
genre : グルメ

2008-04-21

●かぶれ紀行24 新橋 Caspita(カスピタ) 其の壱

caspita1.jpg

 

新橋日比谷通り沿いの「Caspita」にお邪魔しました。初めてだったので場所が

はっきりと判らなかったんですが、それらしきお店の前を通ると、お客さんがひとり

も入ってない・・・ 2度3度と女性3名+男性2名で行ったり来たりした末に、思い

切って入店、予約した「Caspita」に間違いございませんでした。なぜにそれほど

までに入店をためらってしますのか? 写真入りで追って説明いたします。

 

 

↑こちらは、見た目とコンセプトが気に入りましたのでトップフォトです。「イカ墨の

リゾット ストロンボリー火山仕立て」。イカ墨リゾットの山が「ストロンボリー火山」

で、トマトソースがそこから流れ出る「溶岩」という見立てです。

 

 

 

 

メニューは豊富です。レギュラーに加え、季節モノまであります。悩むSignorine

3名。

 

caspita2.jpg

 

 

 

 

 


悩んでたら、運ばれてきちゃいましたのは付きだしの「ゼッポリーネ」です。ピザ

生地を揚げたもので、結構イタリアでもポピュラーなおつまみ。

 

caspita3.jpg

 

 

青海苔が練り込んであるのがオリジナルです。

 

 

caspita4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

caspita5.jpg

悩んだ末のAntipasto①「ほたるいかとかぶのサラダ仕立て」。カラスミが散らして

あります。

 

 

 

caspita6.jpg

 

Antiapsto②「ベーコンと生ハムのライスコロッケ」。シチリア名物「aranciata」の

アレンジ版。サフランライス、ハム、モッツァレッラ、トマトソースのcombiでbuono。

 

 

 

 

caspita8.jpg

 

Antiapsto③はワタシの好みで「トリッパとテッチャンのトマト煮込み」。ベーコンは

なぜに入っているの?テッチャンも悪くないけど、トリッパオンリーが好みですな。


 

 

で、primoは冒頭のリゾットに加え更に5皿も頼んじまいました。続きは明日です。

 

 

 

 

【お店】

東京都港区新橋2-12-15田中田村町ビルB1


http://www.feel-company.net/shop/caspita-shinbashi/

 

 

 


 

←ブログランキングに参加中です。よろしければ一押しお願いします!

 


 



 

 

 


theme : イタリアン
genre : グルメ

プロフィール

milanoKK

Author:milanoKK

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンタ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。